新人クンのご紹介

| | トラックバック(0)
平成28年4月から、
喜源バイオジェニックス研究所に新たなメンバーが加わりました。
東京農大前期博士課程修了の、岡田拓也クンです。

岡田クン-2.png
岡田クンは、大学では
クロストリジウム菌の酸素耐性メカニズムに関する研究をしてきました。
クロストリジウム菌は、
腸内で酪酸を産生するなどして腸内環境を整えたり、
制御性T細胞の分化に関わるなど、腸内細菌学でも重要な菌属です。
今後はクロストリジウム菌から乳酸菌に対象が変わり、
研究テーマもより深く~広くなっていきますが、
追求すればするほど謎が深まっていくのが生命科学の分野です。
好奇心を堅持し、
生命が発信するメッセージに虚心坦懐に耳を傾けていれば、
必ずや良い結果が待っていると思います。

研究所のホームページも第二研究所もようやく完成し、
センセもこれから本来の研究生活に復帰できると思います。
新たなメンバーが加わった事でより一層の研究成果も期待でき、
ディスカッションを深めて、
小さな研究所ならではの ONE and ONLY な分野を切り開いていこうと
考えています。

「坂城町から世界へ!」を合い言葉に、
これからも「食と健康」に関する情報の発信に努めていく所存です。

ホームページ開設のお知らせ

| | トラックバック(0)
喜源バイオジェニックス研究所のホームページが完成しました!
URL は以下の通り。


春の表紙を飾るのは満開の八重桜です。なかなか華やいでいるでしょ?
今後、季節の節目節目に表紙を変えていくつもりです。

HP トップ画像-2.png
内容も大変充実しています。
大豆麹乳酸菌発酵液の開発の動機や作製方法から始めて、
麹菌、酵母菌、乳酸菌や研究室の紹介、
さらには健康と食について、大局的な見地から、
中山センセの哲学が開陳されています。
もちろん、大豆麹乳酸菌発酵液の機能性に関しても、
実験データを示しながら、詳しく丁寧に述べられています

これに加えて免疫学やガン、メタボや活性酸素、老化予防にアレルギー、
さらには最新の腸内細菌学の話題まで、
様々な分野にわたって分かりやすく解説しています。
すなわち、
これまで「食と健康」に関していろいろなサイトをわたり歩いてきた方々も、
喜源バイオジェニックス研究所のホームページを読むだけでOK牧場
ということですね!

下図は、乳酸菌ご紹介のページです。

HP サンプル.png
見てお分かりの通り、一種の「図鑑」のような構成になっています。
働き盛りで家族やご自身の健康に常日頃から留意されている方々にとって、
食と健康との関係は、
真っ正面から向き合っていくべき重要なテーマだと考えます。

百聞は一見にしかず!どうぞ今すぐアクセスを

お見舞いとお悔やみ

| | トラックバック(0)
熊本が大変ですね。
被災者の方々にはお見舞い申し上げます。
また、亡くなられた方々には、心よりお悔やみを申し上げます。

センセのお友達も、数名が被災してしまいました。
「ガンバれ~!」と、この場を借りまして、エールを送らせていただきます。



これに加えて昨日、海の向こうから突然の悲報が飛び込んできました。
あのプリンスが死んでしまった、という事です。
享年57歳・・・。

プリンスを知らないヒトは知らないと思いますが、
知ってるヒトは知ってると思います。

個人的に言わせていただければ、天才!!!
まことに天才以外の何者でもなかったと思います。
彼のようなタイプが嫌いなヒトも多いとは思いますが、
疑いもない独創性、
技術の確かさとレベルの高さ、
迫力と魅力にあふれたコンサート、
他のミュージシャンに及ぼした影響力などなど、
天才という言葉以上にふさわしい単語を思いつくことができません。

そのオーラの向こうに見え隠れするものは、
ガラス細工のような感受性、
極端なまでのシャイネス、
独善的とも思えるほどの孤高のプライド、
そして忘れてならないものが、
彼の才能を育んだ恵まれた家庭の音楽環境、という事でしょう。

80年代、NY のアポロで行われたジェームス・ブラウンのコンサート
(前座はナンとB.B.キング!)に、
お忍びでマイケル・ジャクソンが来てました。
それに気づいたJBが彼を舞台に上らせ、競演を始めたところ、
MJがJBになにやら耳打ち。
「お忍びでプリンスも来てるよ!」という事です。
で、JBはプリンスも舞台に上らせて、なんとJB+MJ+プリンスという、
夢のような競演のハプニングが生じました。
あの映像を思い出すとき、
BBKを含めて全員が逝ってしまったという今更ながらの事実を目の前にして、
本当に愕然とする想いです・・・。



ま、black music が好きなヒト以外はナンの意味も持たない、
ある種マニアックなお話ではあります。

ではまた連休には画像を加えていろいろ更新する予定です!お楽しみに!!!

あ、ちなみに、みなさま方の事を考え、今回から文字を大きくしました。
いや、センセは小さくてもゼンゼンだいじょぶナンですけど・・・・。

坂城第二研究所の引っ越しが完了しました!

| | トラックバック(0)
みなさまおはようございます。
今日は文化の日。ここ坂城は昨晩の雨も止み、朝から文化的な快晴です。

さて、先月ご紹介の坂城第二研究所(旧長野工場)、ようやく内部機材の搬入が完了しましたので、ご報告していきたいと思います。



検査室-2.jpg

ここは検査室。
怪しい光を放っている左の物体はクリーンベンチです。この中で菌を扱います。正面は冷蔵庫、その右が-80℃の冷凍庫。ここに乳酸菌の菌株が眠っています。



孵卵器-2.jpg

一群の孵卵器類。
30℃、37℃、27℃と揃っています。乳酸菌や酵母の種類によって培養温度が異なるので、何種類もの孵卵器が必要となります。



各種検査機器-2.jpg

各種検査機材。
左から、遠心機、分光光度計、高速遠心機、顕微鏡。
ここでは簡単な実験も出来ます。



仕込み室-2.jpg

ここは仕込み室。
乳酸菌発酵液の培地を作るところです。
大豆粉や米糠エキスなどの原材料は冷蔵室に保管されたのち、開封後は写真のようなポリタンクに密栓して使用に供されます。もちろん賞味~使用期限厳守です!
台の上にある物体は、大型のデジタル秤量器。



洗浄室-2.jpg

ここは洗浄コーナー。
左の棚にズラッと並んでいるのが、ステンレス製の培養缶です。これに培地を仕込んで菌を接種し、培養します。



大型圧力容器-2.jpg

これは大型の圧力容器。
培地や培養液を滅菌する装置です。背後にボイラーの頭がちらっと見えますが、ボイラーで発生した蒸気を引き込んで圧力と温度を高めて滅菌します。要するに、家庭の圧力釜のバケモノです。
左の台車に培養缶をズラット並べて圧力容器に入れ、一気に滅菌します。



冷蔵室、恒温室(培養室)-2.jpg

こちらは保存室。
右が冷蔵室、残りの二つは恒温室(培養室)です。



冷蔵庫内部-2.jpg

冷蔵室の内部。
写っているのは大豆粉が入った袋です。それぞれ15kg ほどあります。
上に乗っている白い物体は吸湿剤。



恒温室内部-2.jpg

これは恒温室内部の様子。
上部の黄色い物体がヒーターで、ビニールで覆われた棚の内部は無菌環境になっています。
30℃、あるいは37℃の温度で、およそ1 週間ほど培養します。



500L撹拌タンク-2.jpg

これは500L 攪拌タンク。
培養終了後の培養液は全てここに集められ、攪拌して均一化されます。
その後に再び培養缶に分注され、最後の滅菌を行います。



連続遠心機-2.jpg

これは連続遠心機。
毎分15,000 回転で培養液を連続的に遠心し、培養液から固形物を分離します。
乳酸菌菌体を除去した製品を作製する時に使用する機械です。



保存室遠景-2.jpg

これは保存室の遠景。
正面に見えるのが、大型冷凍室です。右にちょろっと見えているのは、解凍用のブース。




大型冷凍室-2.jpg

大型冷凍室の近影。
最終滅菌を施し、20L ポリタンクに分注された原液は、出荷までここで凍結保存されます。
出荷時には右の解凍ブースで解凍し、冷蔵便で別の工場へ運ばれます。



冷凍室内部-3.jpg

原液は台車の上でポリタンクに詰められ、バンドで固定し、台車ごとそのまま冷凍室に運び込まれて冷凍保管されます。その結果、搬入~搬出が極めて楽になりました。



冷凍室内部-4.jpg

冷凍室内の一部。
各ロットから100ml ずつサンプルを抽出し、少なくとも3 年間冷凍保存します。いわゆるトレーサビリティの確保、という事です。


余談ですけど、トレーサビリティとかコンプライアンスとかサステイナビリティとかのカタカナ言葉、なんとかならんでしょうかね???PC で入力するのも面倒ですしね、ホント。

本日は文化の日。昭和21 年、日本国憲法が発布された日を祝って作られた祝日です。
日本国憲法が戦後日本の民主化の礎となった事に異論はありませんが、同時に、さらにさかのぼって、日本国近代化の基を作り上げた明治時代の偉人達にも思いを馳せたいと思います。

中でも多くの外来語を日本人に分かりやすい言葉に訳した福沢諭吉先生が大偉人の一人である事に、異論は無いかと思います。政治経済で現在用いられている言葉の多くが、諭吉先生によって生み出されたものです。「自由」も「経済」も「民主主義」も、諭吉先生の造語なんです!
諭吉先生が居なければ、「自由経済民主主義」と8 文字で済むところを「リベラルエコノミックデモクラシー」と16 文字も使わないといけなくなって、新聞もよっぽど分厚くなって印刷屋はウハウハ繁盛していた事でしょうね!
これらの熟語は中国~韓国にも逆輸入され、現在では彼等も当たり前のように使っています。にもかかわらず、隣国の人々にとって、諭吉先生は不倶戴天の敵のような扱いです。

まったくね・・・!

私は、福沢諭吉先生本人もさることながら、ほら、諭吉先生の肖像が載っている、あの丈夫な紙で出来た長四角のヤツ、あれが大好きですね!
これから寒い季節になりますが、諭吉先生の肖像画が何十枚~何百枚も揃っている所を想像するだけで、何だか懐が温かくなる気がする今日この頃です。

では皆様、晩秋の一日を暖かい気持ちでお過ごし下さい!