今月のウクライナ-139

まだ秋ではない・・・。真夏だっ!
でも、ここ坂城では、
さすがに朝晩は秋らしさが少しは感じられるようになってきた。

北アフリカのリビアでは大洪水で 1 万人以上の死者が出た。
あんなにも乾燥した国で・・・。
デルナと言う町の 1/4 が跡形もなく流されてしまったようだ。
「家からデルナ!」と言われても、家ごと持っていかれた・・・。
つい先日は隣国のモロッコで大地震があったばかりだ。
洪水は地中海でハリケーンが発生したためだというが、
地中海でハリケーンというのは初めて聞いた。
ギリシャを始めとして、
地中海沿岸地域の旱魃~山火事はもはや夏の風物詩だ。
ただでさえ高い地中海の塩分濃度はさらに高まる?
地中海は、太古の昔には干上がっていた時期もあったそうだ。
今年はカナダでも大規模な森林火災が生じた。
ドイツ一国分の森林が焼けてしまったそうだ。
中国の洪水も凄かったし、日本の千葉も水害に見舞われた。
センセが昔よくバイクで通っていた養老渓谷も水浸し!
あの高~い橋桁を持つ赤い橋の袂まで川の水が達したという
TV のニュース映像を見て、びっくり仰天した!

養老渓谷 観音橋.jpg養老渓谷。いつもの観音橋  
市原観光ナビゲーション様より https://ichihara-kankou.or.jp/kanko/meisyo/youroukeikoku/

観音橋 水害.jpg水がここまで来た!  切り取ったニュースの静止画です。


Threshold、閾値(いきち)に到達したのだろうか?
それともとっくに過ぎたのか?

人類を含む生物全体が絶滅する、ということにはならないだろうが、
食糧危機、難民問題、地域紛争が今以上に頻発するのは間違いない。
きれいごとは払拭(ふっしょく)され、
生々しい生存競争の日々が現出することであろう。
まだまだ先の事だと思っていたが、どうやらそうでもなさそうだ。

最後の審判の日に現れるのは
ヤハウェかアッラーかアフラ・マズダーか?

それとも閻魔大王様でしょうかね???