日々のお話 の最近の記事

今月の書評-84

| | トラックバック(0)
4) の、「長江下流域から東シナ海を横断し、半島を介することなく、直接に日本にたどり着いた」説は農学者の佐藤洋一郎氏に多くを依拠するもので、以下、簡単にまとめます。

1) 水稲の温帯ジャポニカ種の遺伝子分析を行った結果、中国にはa からh までの8 種類の遺伝子型が存在する。一方、朝鮮にはb の遺伝子型が存在せず、日本にはab が存在する。仮に朝鮮半島から日本に伝わったとすると、日本にはb の型は存在しないはずである。
2) 朝鮮~日本共に中国から養蚕(ようさん)が伝わったが、朝鮮のカイコは華北由来の種しか存在しない一方で、日本のカイコには華北由来のものと華中~華南由来のものの二種類が存在する。
3) 鵜飼(うかい)の風習は長江流域由来であり、中国南部と日本には現存するが、朝鮮半島~台湾~沖縄にはない。

以上、長江下流域より朝鮮半島を経ずに日本列島に伝わった農事がいくつか存在することが明らかなので、水田稲作技術も同様に半島を経ずして列島に直接伝わった可能性が高い!とするものです。

で、この問題に関してはすでに多くの人々が取り上げて、ああでもないこうでもないとネット上でもかまびすしく議論されてますが、そんなに難しい問題でもなかろうと思います。

上記の一連の事実は事実であろうと思います。問題は、何も「米の a~b とカイコと鵜飼が一度に来なくてもよかろう!」ということです。

前回、菜畑遺跡や板付遺跡、あるいは長崎の支石墓群の年代の古さを見る限りにおいて、朝鮮半島南岸に橋頭保を築いた連中は、半島を北上するよりもむしろ対馬~壱岐を経て北九州に向かう方を選んだのでは?と述べました。そしてその理由として、朝鮮半島よりもよっぽど水田稲作に向いている気候に気づいたからでは?と指摘しました。

で、一旦、日本列島にも橋頭保を確保し、生活の基盤が確保され、ある程度の安全も確保できるようになれば、その後は半島を経由せずに直接に長江下流域からの往来も確保できるようになったのでは?と考えます。

今月の書評-67」で指摘したように、水田稲作技術が伝播するためには、それに特化した技術家集団が少なくとも 1 年程度の食料を保持して断固たる決意で移住する必要がありますので、これはボートピープルレベルでは務まらない所業だと思います。
例の「徐福伝説」でも繰り出してこない限り、長江下流からピンポイントで北九州沿岸に米とカイコと鵜飼の三セットを同時に持ち込むのは、センセの妄想レベルすら遥かに超えるものだと思いますが・・・。

加えて、列島に伝わったこれらの農事がその後に半島に伝播しなかった理由を考えるのも、謎を解くカギとして、逆に興味深いのでは?とも思います。

鵜飼.jpg
岐阜市漫遊より https://www.gifucvb.or.jp/sp/ukai/ 美しい写真ですね!



今月の書評-83

| | トラックバック(0)
本日は季節外れの大雪。
南からの湿った雪ですが、未だ(午前10:30)深々と降り続いていますので、下手すると30 cm くらいまで積もりそうなカンジです。 
でも、これでみんな外出を控えると思うので、コロナの拡散を防ぐ意味では、ことによると、恵の雪となるかもしれませぬ。


神風ならぬ神雪となるかも・・・。


さて、「稲の来た道」をもう一度おさらいします。以下。

1) 大陸を陸伝いに一旦満州方面へと伝わり、そこから朝鮮半島を南下した。
2) 山東半島から直接に黄海を渡り、まずは朝鮮半島中西部、その後に南部へと伝わった後に日本に伝わった。
3) 山東半島から長江下流域にわたる地域のどこかの沿岸から、黄海を渡り、朝鮮半島南部~北九州にほぼ同時に伝わった。
4) 長江下流域から東シナ海を横断し、半島を介することなく、直接に日本にたどり着いた。

今月の書評-67」で述べたように、1)を省いてまずは2)と3)の可能性を比較し、最後に4)の可能性について考えたいと思います。

2)の「山東半島からの南下説」にはいくつかの弱点があると思います。以下、例によって箇条書き。

1) 水田稲作技術が当時の山東半島にまで到達していたのは事実だが、基本的に山東半島は乾燥しており、現代においても農作の主体は畑作である。いわんや「乾燥化により民族の移動が生じた」と考えられる当時において、わざわざ乾燥地を通過して水田稲作が伝播するのは不自然である。
2) 支石墓の形式などからも明らかなように、山東半島はむしろ北方の文化の影響をより強く受けているように思われる。
3) 水田稲作文化が山東半島から朝鮮半島を南下したのであれば北から南への水田稲作遺跡が時系列的に見られるはずであるが、事実は逆である。
4) 松菊里遺跡(しょうきくりいせき)などから出土した多くの炭化米は、年代もさることながら、陸稲の可能性が高い。
5) 石包丁などの形式から長江~山東省~朝鮮半島~半島南部の経路が指摘されるが、石包丁は水稲の穂のみを刈るものではない。
6) 以前に唱えられていた「長江下流域から直接半島南部~北九州に稲作が伝わったのであれば、当時すでに長江流域で使われていた青銅製の農具が同時に伝わったはずである。それが出土しないのは直接伝播ではないからである」という説は、紀元前1000 年の菜畠遺跡の発掘により、論破された。

稲の来た道-1.jpg


これまでに出土した朝鮮半島の水田稲作跡を時系列的に羅列すると、

オクキョン遺跡(BC1100) 
ムアラファト遺跡 (BC800
マジョルリ遺跡(BC500

となります。地図で見ると、

稲の来た道-2.jpg
ウイキペディアより改変


オクキョン遺跡とムアラファト遺跡は半島東南の蔚山市にあります。
一応、時系列的には南→北の方向性が見られますが、如何せん出土例が少なすぎるので、決定的とは言えません。特に、長江下流域から来たとすれば、当然、南西部の全羅道辺りから最古のものが出て欲しいところですが、未だ出土されていません。

南下説、北上説共に、今後の出土次第でひっくり返る可能性は十分にありますので、「水田稲作跡」のみにこだわって議論するのは、少なくとも現時点では、あまり実り多いものとは言えないかと思います。

それよりも、やはり菜畑遺跡や板付遺跡の年代の古さに注目すべきだと思います。仮に今後朝鮮半島から水田稲作の跡が見つかったとしても、両者を大きく上回る年代のものが出土する可能性は低いのではなかろうか?と考えてます。
それよりも、やはり、水稲というものの植物学的~農学的な特質に注目した場合、どうあっても半島南岸に橋頭保を築く経路が合理的であり、その後、程なく、より温暖湿潤である日本列島に新天地を見出した、そしてそこがまさに豊葦原瑞穂国(とよあしはらみずほのくに)=すなわち水田稲作により適した土地であることが分かった!という流れを想定する方がよろしかろうと思います。

相変わらずの妄想だけど・・・。

次回は4)の「半島を介さず直接伝播した」説について考えてみたいと思います。



今月の書評-82

| | トラックバック(0)
一か月前には夢想だにしなかった展開を見せているコロナウイルスですが、皆様はいかがお過ごしのことでしょうか?
幸いにも上田ではクラスターとやらも未だ発生しておらず、スーパーの店先に行列ができるようなこともありませんが、マスクやトイレットペーパーなどの定番を除き、商品の種類によっては、確かに品薄のものも出始めているようです。

センセが毎週欠かさずに食べていたレトルトのタイ式カレー(赤)が、棚から消えていました・・・。
でもこれは「売れないから」消えた可能性が高いです・・・。
センセの味覚は、よっぽど特殊なのでせう・・・。


さて、「ひいふうみい」数詞圏で生まれたと思われる日本語ですが、その日本語を話す連中の出自に関して、さらに突っ込んで行きたいと思います。まず初めに「お墓」を手掛かりに探っていきます。

今月の書評-76」でご紹介した「支石墓」ですが、おおよそ半島半ばを境として北方型と南方型に分かれます。で、この南方型は紀元前1700 年頃の中国浙江省の支石墓に起源を有し、そこから半島西南部~九州北部に伝わった可能性が高いと考えられています。

であるとするならば、この流れと共に水田稲作も伝わった、と考えるほうが自然です。

支石墓分布.jpg

支石墓-2.jpg

和順支石墓群 화순 支돌 무덤군 ふぁすん 34.976142,126.93015 wikimapia より改変



また、列島最古の支石墓群が佐賀県や長崎県から多数見つかっており、特に長崎県の原山支石墓群や大野台支石墓群のものは縄文晩期に相当すると見積もられ、形態的にも中国浙江省で見られるものと大変よく似ているそうです。

半島における南方型支石墓の年代に関しては典拠によって異なり、ウイキでは紀元前500 年前と書かれています。仮にこれが正しいとすると、縄文晩期に長崎に伝わった南方型支石墓が海を渡って半島西南部に伝播した可能性も生じますが、支石墓そのものから「正しい」年代を測定すること自体が基本的に困難な作業であるため、ウイキの年代もそのままに信じることは出来ませぬ・・・。

中国浙江省の支石墓が紀元前1700 年と見積もられているところをみると、半島南部の支石墓群を紀元前500 年とするのは、いかにも年代が離れすぎているカンジがします。

ということで、例の菜畑遺跡の水田跡が紀元前1000 年くらいの縄文晩期に相当することを考えると、中国浙江省~支石墓~水田稲作~朝鮮半島南部~九州北部~縄文晩期という一連の流れは、ストレスなく、喉元を通ります。

ということは、「今月の書評-67」で述べた「稲の来た道」ですが、個人的には、「山東半島から南下してきた」説は分が悪いのでは?と考えています。

以下、次回!



今月の書評-81

| | トラックバック(0)
さて、朝鮮数詞の音読みが日本同様に中国由来であるのは明らかですが、訓読みの方はいつ~何処に由来するのでしょうか?

東アジア史で習う高句麗(こうくり)とか百済(くだら)とか新羅(しらぎ)とかですが、色々あって、最終的に新羅によって半島が統一されたことは皆さまもよくご存じのことかと思います。で、言語学的にも、現代朝鮮語の源流は、この新羅語にあると考えられています。ということは、現代朝鮮語の数詞の訓読みは、新羅の言葉に由来する可能性が濃厚です。

で、前に戻って日本語の「ひいふうみい」と比べていただきたいのですが、全く似ていません。

で、日本語の「ひいふうみい」と高句麗数詞の偶然とは思えない類似性と現代朝鮮語数詞の訓読みとの違いから、次の仮説を導くことができます。すなわち、

「古代朝鮮半島に君臨した諸国家の支配層の出自としては、基本的な言語組成を異にする少なくとも二つの系統があった!」

ということです。

で、ここで中国の「三国志」やら「魏志」やらの文献を見ると(ウイキなどからの引用ですよ!)、扶余(ふよ)~高句麗~濊貊(わいばく)~沃沮(よくそ)の連中はおおよその言語~風俗が同じ。東の挹婁(ゆうろう)~粛慎(しゅくしん)~靺鞨(まっかつ)などは扶余とは異なる言語を使っていた、とのことです。

見たことも無い漢字の羅列でスミマセンが、下の地図にまとめました。

古代東アジアの部族国家.jpg
ウイキペディアより これは後漢の頃の勢力図 (たぶん、紀元後1世紀ごろ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%A4%E8%B2%8A

で、この扶余(ふよ)とか高句麗とか濊(わい)とか貊(はく)とかの出自ですが、ツングースともモンゴルとも、あるいは両者の混合であるとも言われてますが、挹婁(ゆうろう)~粛慎(しゅくしん)~靺鞨(まっかつ)の連中は、ほぼ確実にツングース100 %であろうと思われます。

で、ここからはおなじみの妄想タイムとなりますが、上の図の辰韓(しんかん)が後の時代の新羅となりますので、たぶん、古代の半島は、大別して、今の沿海州から東海岸に沿って南下してきた連中と、満州から遼東半島の基部を通って鴨緑江を渡り、半島の西部を伝って南下していった連中がいたんじゃないか、そしてそれぞれ言語~風俗も相応に異なっていたんじゃなかろうか、と考えてます。

で、後の世に馬韓~弁韓~辰韓の三韓時代となりますが、「三国志・東夷伝」には「馬韓と辰韓とは言葉が異なる」との記載があり、馬韓は半島西部に、辰韓は東部に位置することから、馬韓、後に百済となる国ですが、これの支配層の連中は扶余~高句麗の流れをくむものであり、後に新羅となる辰韓の支配層は、よりツングースの血が強い連中であった、そして、ここが重要な点ですが、後に日本語を話すようになった連中は、紀元前の相当の昔、この満州から南下して半島西岸~南西岸に勢力を拡大した部族国家~部族社会に一旦取り込まれ、相応する年月をおくった結果、本来の数え方をさっさと捨て、度量衡~行政権に属する北方由来の数詞の言葉、「ひいふうみい・・・」を必要に迫られて、あるいは半ば強制的に、取り入れた、あるいは取り入れざるを得なかった、と考えてます。
ここまでくると、もはや妄想と言うよりも「幻想」と言うべきかもしれませんが・・・。


もしもご先祖さまが東海岸に移住していたなら、今頃は「ぼく、いくつ?」「セッ、ニダ!」(出鱈目ですよ!)と話していたかも知れませぬ・・・。



この過去記事について

このページには、過去に書かれた記事のうち日々のお話カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはバイオジェニックスとはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。