日々のお話 の最近の記事

今月の書評-59

| | トラックバック(0)
気持ちの良い春の日が続いておりますが、みなさま如何お過ごしですか?
センセは昨日は千曲川の河原に散歩に行ってまいりました。
現在、河原ではハリエンジュ(ニセアカシア)の花が満開で、良い香りを放っています。例によってヨシキリの連中がキリキリキリキリとやかましく鳴いていますが、肝心のヨシ(あるいはアシ)は芽吹き始めたばかり。カッコウも未だ里に降りてきていません。でも、鳴き始めるのももうじきだと思います。研究室の裏の電信柱のてっぺんでカッコウが鳴き始めると、いよいよ本格的な坂城の初夏の到来となります!

さて、先日、国立科学博物館の研究チームが、北海道礼文島の船泊(ふなどまり)遺跡から出土した今からおよそ3500 年くらい前の縄文人骨から得られた核DNA の詳細な分析に成功した!との発表がありました。そのうちまたNHK のサイエンスゼロで篠田教授が解説すると思います。

で、基本的には従来のmtDNA 分析やYDNA 分析結果を「より詳細に」裏打ちした、というカンジでした。

面白かったのは、従来から縄文人は酒が強くて顔にはシミが出来やすい、と言われてきましたが、今回もそれらを裏付ける結果となったようです。また、脂肪の代謝に関連する遺伝子に変異が生じており、その結果、高脂肪食に対応できたと考えられる、とのことです。つまり、アザラシやらトドやらの海獣の狩猟を生業としていた可能性が遺伝子分析から示唆できた、ということです。

一方で、現代の漢民族よりもウルチなどのツングース系民族、韓国人、台湾先住民であるアタヤル族(別名タイヤル族)やヤミ族などとより近い、という点も興味深いです。
出土したのが礼文島ですし、時代は縄文後期ということからウルチの血が混じっているのは不思議ではありませんが、台湾先住民との関連は意外でした。

今月の書評-37」でご紹介した金沢大学の核DMA 分析による結果では縄文人と東南アジアの古代人骨との関連が指摘されていましたので、その文脈で考察可能かな?とも考えます。
一方、mtDNA からの結果では台湾先住民と縄文人との関連が見いだせないので、やはり縄文人、一筋縄ではいかない連中のようではあります。

韓国人との関連に関しては、縄文時代に縄文人が朝鮮半島に移り住んだ結果が反映されているのかも知れません。


船泊遺跡-1.jpg
赤味が強い方が船泊の縄文人に近い。 国立科学博物館より
http://www.kahaku.go.jp/procedure/press/pdf/150678.pdf
10年ほど前に唱えられていたマリタ人(MA1) との関連は低レベルであるのにも注意!
個人的には、船泊出土が東京に代表されてるのにちょと違和感がある・・・。


船泊-2.jpg
同、分析された縄文女性の復元模型 国立科学博物館より
http://www.kahaku.go.jp/procedure/press/pdf/150678.pdf

個人的には、もっともっとモンゴロイド的要素が少なかったと思ってる。
個人的には、スリランカのヴェッダ人あたりに、よっぽど似てたと思ってる。
個人的には、間寛平のお母さんかな?とも思ったりしてる・・・。






今月の書評-58

| | トラックバック(0)
令和元年5 月1 日のブログです。

西暦2000 年、すなわち平成12 年とちょと古いのですが、Molecular Biology and Evolution 誌に、Wang L. らによる大変興味深い論文が掲載されました。


要約すると、

● 中国山東省の臨淄(りんし)という町で、現代の住民、2000 年前の住民の骨、2500 年前の住民の骨から得られたmtDNA を用いて分析を行った。
● それぞれのハプロタイプを比較したところ、三者間で有意差があった。
特に、2500 年前のものと2000 年前のものの間に顕著な差が見いだせた。
● これらを現代のユーラシア各地の住民のmtDNA と比較したところ、2500 年前の住民は、現代の山東省の住民よりもむしろ現代の欧州の住民により近いことが明らかとなった。2000 年前のmtDNA は現代の中央アジアと近かった。

というものです。
上田氏は、最後に、「今月の書評-54」で紹介した紅山文化の「ヒスイの目を持つ女神」にも触れ、ヒスイの青さから、これは欧州系の女性を表した可能性を指摘し、mtDNA の結果と併せ、欧州系の連中が、当時、極東の地にまで進出していた可能性を示唆しています。

この「ヒスイの目を持つ女神」=欧州系説は、他の色々なところでも指摘されています。


さて、馬や戦車、あるいは小麦の伝播など、古代中国に欧州系の影響が及んだことは歴史的~考古学的には既に明らかですので、ことさら驚くべきことにも思えないかも知れませんが、DNA 分析によって生物学的~人類学的にも明らかな証拠が出てくると、これは驚愕的と言ってよいと思います。
また、色々なヒトが指摘していますが、この結果に歴史的推移並びに山東省の地政学的状況を重ね合わせると、この時代に中原で生じていた地殻変動のようなダイナミズムが「倭人」の形成にも深く関わっている可能性が見て取れます。

今月の書評-34」でご紹介した金平譲司氏などは、これらに自らの言語学的研究結果を加えて、現在、ご自身のブログで興味深い成果を展開しつつあります。
(専門的過ぎて、センセはしばしばついて行けませんが・・・)


このような文脈の中でしばしば言及されるのが、羌(きょう)族です(中国読みはチャン族)。羌という文字は「ヒツジにヒト」で構成されており、遊牧の民であったことは明らかです。で、当時、中原の北西の辺縁に住んでおりました。

で、当時の都市国家であった「商=殷」にいじめられていたようで、奴隷としてこき使われたり、祭祀の際には人身御供として首をはねられて神に捧げられていた証拠も残っています。


「釣れますか?」
    などと文王
       そばにより


の川柳で有名な太公望呂尚(たいこうぼう・りょしょう)ですが、元は羌族の出身であったようです。
で、恨み重なる商ですので、周による商の滅亡の際には大いに働き、戦功により現在の山東省の地である斉(せい)の国に封じられます。

その斉の首都が、先に述べた臨淄(りんし)です。
当然、一族郎等引き連れて移住したことでしょう。

となりますと、先のDNA 分析結果との整合性を考えると羌族は欧州系の連中であった可能性がありますが、現在の羌族(チャン)はチベット系の民族です。

では古代の羌族は?また歴史上の羌族と現在のチャン族とは同じ連中か?
などと様々な憶測が生じます。

「当時の羌族はトカラ語を話す西域由来の連中であり、羌の文字は現代中国語ではチャンと発音されるが古代ではクランと発音されたのであり、クランはトカラ語では「二輪馬車で行く」の意味であり、なんだかんだで元々は欧州系の連中であった」という説もある一方で、羌族自身の伝説や歴史書、あるいはその後の展開などから当初からチベット系であったという説も有力で、本当のところは分かりません。

本質的には、mtDNA 分析結果と羌族とを無理に結びつける必要はなく、単に、春秋戦国の頃の混沌とした時代、東西南北の様々なDNA を持っていた連中が中原を巡って争い、文化とDNA の混交がこの時代に大いに生じた、と捉えておけばよろしいかと・・・。


最後に、例の「ヒスイの目を持つ女神の面」ですが、目を青いヒスイで表現したからといってそのまま欧州系だ!というのもなんなんでは?とも思います。
もしもその連想が許されるなら、有名なアステカのヒスイで作られた王様の面を見て「古代アステカの王は緑色の肌をしていた!」とか「青汁の飲みすぎだ!」とか「アステカの王は緑膿菌による敗血症で死んだのだ!」とか言ってもよいかと思います。

ヒスイの面.jpg
メキシコ遺跡の旅 岩田穆(あつし)氏より http://www.ai-l.jp/HtMexico/chap6bodyindex-Mexico.html


でも、くだんの女神像は、ヒスイの象嵌だけでなく、造作からも、やはり、欧州人を模したものだと思います。
というのは、目だけでなく、鼻根部の形状が北方型モンゴロイドとは根本的に異なる作りになっているからです。女神像は、明らかに、欧州人の碧眼と鼻根部に強い印象を受けて作られたように思えます。

今の時代でも、時々、そのようなインパクトに絡め捉えられて、たくさんのお金を支払ってまで自分の顔を作り直すヒトがいますが、大概成功せず、どうにもならない結果に陥るのが多いみたいです。

くだんの女神像を見つめていると、センセは、昭和30 年代にパンチの効いたヒット曲をとばし、さらに40 年代にもヒットを放って一旦返り咲いたけれども、その後に色々作り直した結果、今がある、というあの方、を、思い出してしまいます・・・。


こうざんぶんか-1.jpg
● さんの面・・・かな?







今月の書評-57

| | トラックバック(0)
大型連休も4日目に突入した本日は、平成最後の日でもあります。

一昨日は、今年初の林道を気合を入れてセローで走ってきました。
おかげさんで太ももバリバリ・・・。未だ痛みが引きませぬ。
で、本日は小雨も降ってるし、大人しくブログの更新に励みたいと思います。



世界史の授業で必ず習う「殷墟」ですが、数多くの殉葬例などと並んで印象に残るのが、「戦車」の遺物です。因みに、センセが若いころは殷は殷でしたが、最近では国としての殷は「商(しょう)」と読み書きするのが普通になってますので、以降、商と書きま商。殷墟は殷墟です。

殷墟-1.jpg
中国バックパッカー観光旅行記より //beibaoke.info/henan2014-3/   

 
この時代の戦車は二頭の馬に引かせたもので、車体には御者一名と戦士2~3 名が乗りました。一台の戦車に対して歩兵がおよそ100 名程度付随し、乗(じょう)と呼ばれる一つの攻撃単位を構成しておりました。

戦車上の戦闘員は、弓または矛(ほこ)とか戈(か)とか戟(げき)とか呼ばれる武器を装備しておりました。矛は槍に似た刺突(しとつ)用の武器で日本人にも分かりやすいですが、戈と戟は日本人にはなじみのない武器だと思います。

中国の武器.jpg三国志武器マニアより //blog.livedoor.jp/amakusa3594/archives/50203727.html


矛とか.jpg
これは矛と戟 中国のヤフオクみたいなところから引っ張ってきました。http://pai.sssc.cn/item/128545


戈と戟は、戦車上の兵士が相手方の歩兵をなぎ倒したり、または相手の戦車上の兵士を絡めとるための武器です。日本の戦(いくさ)では戦車は全く登場しなかったので、これに類する武器もありませんでした。
似たようなものとして(日本の)戦国時代の十文字槍がありますが、用途が異なります。



で、ここでは戦車や武器の話をするのではなく、これがどこから来たのか、というお話をします。

戦車の発明の前には馬車の発明があったのは明白で、馬車の発明の前に車輪の発明があったのも明白です。
車輪の発明の前には「コロ」があったのも明らかだと思いますが、コロから車輪への発想には大きな段差があると思います。

土器を作る時の「ろくろ」が車輪に転じた、という説もあります。

もちろん本当のところは分かりませんが、車輪はおおよそ紀元前5000 年くらい前にメソポタミアで発明された、というのが一般的な見解です。
車輪の発明=荷車の発明でしょうから、当初はメソポタミア地方で牛やロバなどに収穫した小麦などを引かせていたのでしょう。

一方、今月の書評-55」でお話したように、紀元前4000 年くらい前に南ロシアで馬が家畜化されました。当初は食肉用として飼っておりましたが、そのうち荷車を牽引する動物として使われるようになり、さらには馬車を用いて戦(いくさ)をする発想が生まれた、という流れは自然だと思います。
この場合、南ロシアから中央アジアにかけての広大なステップが、このような発想をもたらす要因であったのも明白です。

その後の欧州系の拡張に伴って、馬と馬車、あるいは戦車、というハイテクが、ユーラシア大陸全域を席巻するようになります。下図はウイキからです。

戦車.jpg
チャリオット(古代戦車のことです)の伝播 数字は紀元前


ここで大事な点は、南ロシアから中原に至る道がひどく「風通しが良い」点です。後のシルクロードに相当する地域ですが、いまだO2 (漢民族)も多くの部族の一つにすぎなかった時代、欧州発のハイテク技術だけでなく、言語やDNA などの流入~混交も相当あったとみて間違いない、と思います。






今月の書評-56

| | トラックバック(0)
大型連休目前!新元号も目前!

ソメイヨシノが花を落としつつある一方で八重桜はいまだつぼみのまま、という状況の坂城ですが、みなさまいかがお過ごしですか?
大型連休中、センセは、すがすがしい新緑に覆われる坂城の里山のバイク巡り~登山を計画しています。

相変わらずのパターンですが、これぞまさに灯台下暗し!

渋滞の高速道路を這う這うの体で抜けて目的地に到着したかと思えば今度は多くの人出でごった返す観光地で過ごすパターンの ordinary people の休日と比べ、充実感の次元が違うと考えるセンセです。



さて、今からおよそ1 万年前に終わった最終氷河期から数千年にかけて、カンブリア爆発の如く、その後の歴史時代を彩る数多くの民族が誕生しました。
この時点ではいまだ特段に卓越した連中もなく、中国大陸においては、図で示したように、大変大雑把ではありますが、このようなカンジで割拠しておりました。

古代アジアの民族分布.jpg

ここで大事な点は、後の時代に大拡張を遂げる(現代でも進行中)YDNAO2 を有するいわゆる漢民族もまた、その他の連中と大差ない一部族に過ぎなかった、という点です。
彼らを取り巻く様々な民族の中には欧州系の連中あり、チベット系の連中あり、さらにはトルコ系~モンゴル系~N 系(電車じゃありませぬ)~オーストロアジア系~ツングース系に加え、朝鮮半島南部には、恐らく、というか確実に、縄文系の連中までおりました。従いまして、たやすく想像できますが、様々な文化が相互に伝達~影響しあったはずです。そしてまた、そのような文化の伝達に伴って、最終氷河期を経て一旦様々に分化したDNA は、今度は相互に混合の過程を経ていくこととなった、と考えられます。

また一つ考えるべきことは、漢民族が占めていた黄河中流域という地域が持つ利点です。後の世に「中原(ちゅうげん。なかはらではありませぬ)」と名付けられる地域ですが、まさにここを制するものこそが中国全体を制するという、地政学的に有利な地点です。
中原の覇者を目指してその後に様々な民族が覇権を争うこととなりますが、それがもたらす大混乱が日本民族の形成にも大きな影響を及ぼしたと考えるのに、何ら違和感は感じません。

次回は、欧州系のクルガン文化が東アジアにもたらした影響について考えたいと思います。



この過去記事について

このページには、過去に書かれた記事のうち日々のお話カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはバイオジェニックスとはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。