日々のお話 の最近の記事

今月の書評-114

| | トラックバック(0)
「あ~~も~~ヤバイよヤバイよ!オリンピック、ヤバイよ!」
というカンジの第四波ですが、ワクチン接種もようやく始まりましたし、ナントか開催できそうかな?どうでしょうか?

何とも言えませぬが、池江さんらの気持ちを考えても、ここはナントか開催できるようになって欲しい!と考えてるセンセです。


さて、方位や距離をガン無視して考えた場合、邪馬台国の所在を決定するための最大の手がかりの一つが、まさにその名を表す邪馬台(ヤマタイ)ですたい!
じゃっどん、邪馬台なのか邪馬壱なのかで早速論争が生じますですばってん!

まずは簡単に、この問題の発生原因を見てみます。

そもそも現在伝わっている魏志倭人伝中の文字は、邪馬壹国です。
このという文字は、常用漢字におけるに相当します。
ですから、素直に読むと、「ヤマイコク」、あるいは「ヤマイチコク」となります。

ところがその後の後漢書ではの文字がに変わり、邪馬と記載されます。の文字は、常用漢字におけるに相当します。素直に読むと、「ヤマタイコク」、あるいは「ヤマトコク」となります。

以下、分かりやすく、常用漢字であるに直して書いていきます。

前にも書きましたが、後漢書の倭人の項は、魏志倭人伝からおよそ150 年後に魏志倭人伝を下書きにして書かれたものです。で、ほとんどの部分で、それこそコピペでもしたかのごとく、一字一句、同じ記載です。倭人に関する記載量に大きな違いがあるだけ、と言っても過言ではありませぬ。
で、そのような後漢書ですが、わざわざ文字を直して邪馬台国と書いてます。

なぜ直したのか?
直す必要があったから、直した。
というのが、普通のヒトの合理的な感覚です。

じゃ、なぜ、陳寿さんは邪馬壱国と書いたのか?

実は、陳寿さんが本当にそのように書いたのかは分からないのです。
ただ、陳寿さんが書いた魏志倭人伝は、なが~~~い間、人の手によって「書き写された」ものが流通しておりました。印刷ではないのです!

で、これが木版印刷されたのが13 世紀くらいで、この時の印刷本の手本となった「書き写されて伝わっていた文書」の中では邪馬壱国と書かれていた。なので、そのまま印刷した、ということです。

で、書き写すヒトも当然間違えないように慎重に書き写していたに違いありませんが、神ならぬヒトの身の悲しさよ、当然写し間違いもあったであろうことよ。
さらには「取るに足りないあづまえびすの事柄」の部分においては、注意力も散漫となったであろうことよ。

ですから、ことによると、もともとの魏志倭人伝には邪馬台国と書かれており、後漢書を編纂した范曄(はんよう)さんは、これをそのまま書き写したに過ぎない、という可能性だって十分にあるわけです。

この場合は、陳寿さんの原本はその後にいつしか散逸してしまった、ということになりますね。

いずれにしましても、まずは何と言っても魏志倭人伝が書かれてからわずか150 年後の後漢書において邪馬台国と記されているという事実を考慮に入れると、仮に陳寿さんが万が一に邪馬壱国と書いていたとしても、後漢書が記載された紀元 4世紀のヒトにとってすら、「これは明らかな間違いである」と認識されていた、とみて間違いないと思います。

仮に「ヤマイコク」と読んだとして、いったいこれは何処の地を指すのか、かえって途方に暮れてしまいます。

これを「ヤメイコク」と呼んで、お茶と温泉で有名な佐賀県の八女市(やめし)に比定するヒトなどもおりますが、そんなことはヤメにしたほうがよかろう、とセンセなんぞは考えます・・・。




今月の書評-113

| | トラックバック(0)
さて、中国の正史の中で倭人について書かれているものの初見が、いわゆる魏志倭人伝です。
正式には、三国志・魏書・烏丸鮮卑東夷伝(うがんせんぴとういでん)の中の一項目、という位置づけなります。
陳寿(ちんじゅ)という、西暦 233~297 年の間に活躍した西晋の官僚によって書かれました。卑弥呼さんと同時代の方です。

で、正史における倭人に関する初見が魏志倭人伝、ということになりますが、正史でなければ、すでに「今月の書評-86」に記した王充(おうじゅう:西暦25 年~1 世紀くらい)の論衡(ろんこう)など、倭人に関して書かれたものは他にもいろいろあります。

じゃ、正史ってなに?ということですが、次々と変わる中国の王朝、これらはしばしば直前の王朝を攻め滅ぼしたあとに自らを立ち上げて作られますが、これら新たに立ち上げた王朝が、前の王朝の歴史を委細事細かに筆まめに記して、「これが正しい歴史です!」と、自らの正当性をアピールするものが、正史というものであります。

従いまして、基本的には正史は王朝順に書かれているはずですが、いわゆる魏志倭人伝の場合、どゆわけか陳寿さんが魏志倭人伝を書いた後に正史「後漢書」が書かれまして、そして、後漢書の中にも倭人伝が登場します。魏の前が、漢です。もちろん!

で、正史の場合、新しい知見が加わらなければ、前の時代の正史の文が、基本、そのまま引用されたりします。従いまして、後漢書の中の倭人に関する文は、その多くが魏志倭人伝からの引用になります。実際に読んでも、ほとんど同じです。従いまして、こういう点から言っても、陳寿さんが書いた魏志倭人伝は歴史的資料価値が高いのです。また、卑弥呼ちゃんと同時代という点にも、意味があると思います。

で、実際に両者読んでみました。白文で。嘘です。

ほとんど同じでした。
でも、いくつか異なる点がありました。
それはやっぱし、方位です。
いわゆる狗奴国(取り合えず「くなこく」と読んどきます。例の、邪馬台国と仲が悪い国です)の方位が異なります。
後漢書では狗奴国は女王国の東の海の彼方に存在しますが、魏志倭人伝では狗奴国は邪馬台国の南に位置します。

また、後漢書では、魏志倭人伝でこまごまと書かれている例の邪馬台国までの道のりの記述が一切省かれてます。

また一方で、例の侏儒国(こびとのくに)と黒歯国(くろいはのくに)の位置は両者共に邪馬台国の南の果てに指定されており、さらに、倭国の基本的位置に関しては、これも両者共に「おおむね、会稽(かいけい)の東冶(とうや)の東にあり、海南島に近い」と書かれてます。

後漢書の倭人伝を書いたのが南朝宋の范曄(はんよう・西暦 398~445 年)ですから、陳寿のおよそ150 年後、ということになります。
この 150 年の間に陳寿さんの方位に関する記述の間違いが改められたのかどうなのか、ホントのところは分かりませぬ・・・。
また、邪馬台国に至るまでのこまごまとした記述が全て省略されている点も、その後の「調査」から削除されたのかも知れませんが、これも、ホントのところは分かりませぬ・・・。

けれども両者共に、倭国は相当に南に位置する、と考えていたことは明らかです。会稽(かいけい)の東冶(とうや)の東」というのは、緯度にするとおおよそ北緯26° くらいの現在の福建省の福州市、沖縄本島と宮古島の間くらいになります。

「海南島に近い」ってえのは何をかいわんや、かと・・・。

中公新書 2012 年初版の渡邉義浩というヒトが書いた「魏志倭人伝の謎を解く」という本が手元にありますが、彼が言うには「陳寿さんは儒教の理念に基づいて書いたため、このような記述となった」とのことですが、穿ちすぎ(うがちすぎ)だと思います。
単に、方位測定技術が未熟であったから、この程度の認識しかなかった、というのが正解だと思います。
あるいはまた、「取るに足りないあづまえびすの事柄」なので、大した注意を払っていなかった、というのが本当だったのかもしれません。

要するに、魏志倭人伝に描かれている方位から分かることは、
倭国は東から南の海の方にあって、北西の砂漠の方じゃないよ!
くらいのものです。
ですので、方位や距離なんかで邪馬台国に関して頭を悩ます必要はなくって、その他のもっと確実なことから推定する方がよっぽど賢いと思います。






今月の書評-112

| | トラックバック(0)
まずはこれをご覧ください。

伊能忠敬.jpg
ウイキ https://proceed.ocnk.net/product/14907

ご存知、江戸時代の地理学者、伊能忠敬の大日本沿海輿地全図です。
まるでGPS で測ったかのように正確な地図です。


次は1617 年、ポルトガルのイグナシオ・モレイラが描いた日本図。

ブランクス/モレイラ日本図(1617年・イタリア).jpg
MAP FREAK 
https://map-freak.com/japan-in-foreign-oldmaps1  以下、同じサイトより


伊能忠敬よりも歪んでますが、一応方位はほぼ正確です。

どんどん行きます。ベルギーのテイセラの日本図(1595 年

テイセラ日本図(1595年・ベルギー).jpg
いびつ度がさらに高まってまいりました。図の左にあるのは朝鮮半島です。


お次はポルトガルのバルトロメウ・ヴェリュの西太平洋図(1561 年)

バルトロメウ・ヴェリュ西太平洋図(1561年・ポルトガル).jpg
ひゃ~、日本列島が南北に縦長になってるう~~~!

次はもっとスゴイヤツ!1528 年のイタリア人、ボルドーネが描いた日本です。

ボルドーネ日本図(1528年・イタリア).jpg
画面左上の矢印が指す方向が、北です。Ciampagu って書いてあるのでしょうか?もちろんジパングです。一応、「湾」とか描かれてますが・・・。


マルティン・ベハイムの地球儀(1492年・ドイツ).jpg
1492 年のドイツ人、マルティン・ベハイムの地球儀。Cipangu はセンセが赤く塗っときました。台湾みたいですね!
でも、まだ良い方です。次がスゴイ!


マフムード・カーシュガリーの世界地図(1072年・イラク).jpg
1072 年のイラク人、マフムード・カーシュガリーの世界地図です。丸のてっぺんの黒い尻尾のようなところが日本とのことです。
因みにこの図は、日本を描いた世界最古の地図、ということです。

お次は有名な行基図です。

行基図 ウイキ.jpg
7 世紀の天智天皇時代の僧侶、行基が描いたもの、と伝わってますが、もちろん時代はもっと新しいものです。でも、少なくとも鎌倉時代には使われていたと考えられています。左上の文章から分かるとおり、本来、西が上向きです。

お次は15 世紀の李氏朝鮮時代の世界図。龍谷大学所蔵版。

混一疆理歴代国都之図.jpg
日本の方位は比較的正確に描かれています。

一方で、同じ図の本光寺所蔵版では・・・。

本光寺所蔵のもの.jpg
日本が逆立ちしているう~~~!
先の行基図が西を上に描いているので、それを基にして描いたもの、という説もあるようです。本当のところは分かりませぬ・・・。


あの有名なフランドルの地理学者、メルカトルがメルカトル図法で描いた図を最後に載せます。1569 年です(ウイキペディア)。

メルカトル 1569.jpghttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%A5%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%AB


センセが言いたいことは、もうお分かりだと思います。
15 世紀の李氏朝鮮時代の地図、北が上に描かれているのなんか、上出来だと思います。メルカトル以前の西洋の地図なんか、東西南北と上下左右なんか適当なものが多いです。行基図も西が上ですし。

「北が上」って、たぶん、どこかのいつかの時点で「合意」みたいのが出来たのでしょうかね?たぶん、大航海時代の西洋諸国間で合意ができたように思いますが・・・。中国ではどうだったのでしょうか?
先の李氏朝鮮の地図が15世紀初頭とのことですので、ことによると、西洋の影響なしで中国~朝鮮ではすでに北=上の合意ができていたのでしょうか?
分かりませぬ・・・。

我々は、学校で、いろいろなことをご幼少の頃より教えてもらいますが、おかげ様で、常識として色んな事が「刷り込まれ」ます。
日本を含む世界をイメージするとき、日本は当然「タツノオトシゴ」状をした、北を上にした形でイメージしますよね?
でも、これって、単なる、刷り込みです。
北=上っていう必然性は、皆無です。

北=上のイメージって、合理性があると言えばあると思います。
すなわち、北極星の存在です。
少なくとも北半球では、頭上に北極星があります。そして、北極星こそは方位を知る上での唯一不動の定点となるわけですから、いつしか北=上の認識ができた、と考えてもいいかも・・・。

ホントのところは知りませぬ・・・。

で、そんなことは問題じゃなくって、メルカトル以降の地図ですら上図のようであったわけですから、それが紀元3 世紀ころの認識はどうだったのか、推して知るべし、というところではないのでしょうか?
加えてそれが陸上であったのならまだしも、いわんや海上においてをや、ということなのではないのでしょうか?
当然ながら羅針盤も磁石も巻き尺もなく、波風に揺られながら移動していくわけですから、それに対してあーだーこーだ一生懸命にコンパスと分度器で「現代の日本地図」上に鉛筆なめなめ線を引っ張っても、「どーもごくろーさん」としか言うほかはない!と、センセは思いました。

次回、も少し続きを書きます。


今月の書評-111

| | トラックバック(0)
コロナの第四波、来るのでしょうかね?
ピーク前にワクチン接種、終わるでしょうか?
無理な気がします・・・。
志村さんが亡くなったあの日からもう一年が経った、なんて、本当に、信じられません・・・。


さて、ここでいきなり卑弥呼が登場します!みなさんご承知の、あのお方です。

なぜここで卑弥呼なのか?

その理由は、今後の展開をいろいろ考えているうちに、一つでも良いから定点的なものが欲しいなあ~、絶対的な年代基準が必要だなあ~、と思い至ったからです。
要するに、今後は古事記やら日本書紀やら中国の史書やら、これらの文献資料を参考とすることができる時代のお話になるわけですが、今更に言わずと知れたことでありますが、肝心の日本書紀の年代が全くあてにならない!
そのまま信じるわけにはいかない!
どうする?

ということで考えているうちに、あ、魏志倭人伝の卑弥呼ね、あれを基準点とすればよいワ、と思い至りました。
どゆことかと言うと、中国歴代王朝の正史の最大の特徴の一つが、年代を正確に追っていける点にあります。これはまさに、漢字を発明した古(いにしえ)の中国の方々が誠にもって筆まめな人々であったおかげであります。
加えて、隋や宋や清などの征服王朝の方々もこのような筆まめ文化を継承し、伝統にのっとって正史を残してくれたおかげであります。

で、みなさまご存知の魏志倭人伝の中には卑弥呼が登場し、その西暦年代も分かるわけですから、これを日本書紀中の記載と照らし合わせ、場所なり人物なりを特定しておけば、とある事件は卑弥呼前か卑弥呼後なのか、あるいはあわよくば事件の絶対年代も特定でき、お話もすんなりと流れていくことであろう、と考えました。僕って天才!

と思ったのですが、そんなことはとっくにみんなが考えていたことでして、それこそ日本書紀を編集した方々ですら考えていたことでして、江戸時代の新井白石や本居宣長も考えていたことでして、明治以降から現代に至るまで、それこそ無数の邪馬台国~卑弥呼説があるわけでして、あっちゃ~、あ、そういうことか!だからみい~~んな卑弥呼に夢中なんだな~、と思っていた矢先、昨日、先週に大量に買い込んだ関連書物に目を通し疲れてもう休もう、おやすみなさいとアルコール度数20°の「良いチコちゃん」を一杯ひっかけてベッドに入ってTVをつけたところ、いつもは相当に左巻きな番組を放送するETV 特集が和服を着た池田伸子を前面に押し出していきなり卑弥呼!をやっていた!なんちゅうこっちゃ!!!

で、箸墓(はしはか)古墳やら纏向(まきむく)遺跡やらセンセもおなじみのお話ではありましたが、歴博の人たちが箸墓周辺の土器のかけらをたくさん集めて炭素同位体分析を行ったところ、おおよそ紀元250 年前後と出た!という話は、まことにもってうかつにも、センセは知らなかった!
この発表が2009 年ということですので、その頃のセンセはリーマンショックの余韻冷めやらぬ中でひたすら豪ドル円を買いあさっていた頃でして、卑弥呼の卑の字にも興味がなかった。

で、だからといって研究者の全員がヤマト説に賛成しているわけでもなさそうですし、ともかくも卑弥呼をやっつけなくては話が進まないわけですので、センセとしては、まず初めに、なんでこの問題がややこしくなっているのか、首の上に乗ってる空冷110 ㏄ の単気筒エンジンのスロットルをフルに開いて考えてみたところ、「あ、なんだ、そういうこと?なるほどね!僕って天才!!!」 
という結論に達しましたので、次回にお話いたします。



この過去記事について

このページには、過去に書かれた記事のうち日々のお話カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはバイオジェニックスとはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。