日々のお話 の最近の記事

今月の書評-102

| | トラックバック(0)
続きです。

前回、紀元前後にはすでに現代日本語の元となる言葉が話されていた可能性を指摘しましたが、それでは菜畑遺跡や原山支石墓群が作られた紀元前1000 年頃に列島に渡ってきた倭人はどういう言葉を話していたのか?


答え:「全く分かりましえ~ん!」


日本語の言語学的位置や現代韓国語との関連などに関しては「今月の書評-73~82」にかけてお話してきましたが、今一度おさらいしておきます。



そもそも倭人はオーストロアジア系(O1b2)に属していたわけである。
従って、基本的にはベトナムなどの東南アジア系の諸言語のいくつかと
同じルーツを持つはずである。
その後に漢族(O2)とハイブリッドを形成した。
また、周王朝の貴種を先祖に持つ呉国に属していたわけであるから、
この時代、公的言語としての漢語にも影響を受けたであろう。
その後に朝鮮半島南部に移住した。
そこには先住者として満州系のC2とツングース系のC2が居た。
彼らの言語は、これまでの倭人が話してきた言語とは
文法体系が全く異なるものであった。
加えて、満州系言語とツングース系言語の両者も、何かと異なっていた。
一つ二つ三つという数の数え方から、
倭人は半島北部から西部にかけて話されていた
満州系の流れをくむ言語の影響を受けたと考えられる。
倭人が日本列島に移住する前、半島南岸部で、
たぶん、数百年くらいは過ごしたであろう。
この地で、この時代に、根本的な言語変化が生じたと思われる。
紀元前1000 年くらいに縄文人と出会って以来、
縄文人の言語も取り入れたことであろう。
但し、それが何であるか、皆目分からない。
列島に拡散すると同時に、半島南岸部の橋頭保は確保し続けた。
従って、当面、半島からの影響は途絶えることはなかった。
その結果、言語も半島からの影響を受け続けた。
列島での版図が拡大するにつれ、倭国は強大となっていった。
この時代ともなると、半島から一方的に影響を受けるのではなく、
逆に半島に影響力を及ぼすようになっていった。
この頃、すなわち古墳時代には、
倭語は、現代日本人がほぼ理解できるほどに、確立したものとなった。


ま、本当かどうかは分かりませぬが、本人はこんなカンジで考えてます。
で、この流れで考えるならば、倭人が初めて北九州に上陸した紀元前1000 年頃には未だ流動的な倭語が話されていたと思われます。
で、半島南岸部での各種部族との交流の中で倭語の根幹が整えられ、沖縄に「あまみん」が移住する頃にはすでに明白な倭語となり、大和政権が確立される頃には現代日本人が諳んじ(そらんじ)ても意味と情緒が通じる和語となった、と考えています。



今月の書評-101

| | トラックバック(0)
倭人は列島移住の当初から今とさほど変わらぬ倭語をしゃべっていた?
という問題について妄察していきます。

今月の書評-35」の冒頭で柿本人麻呂の和歌をあげましたが、現代の我々でも注釈なしですんなりと意味が分かります。
意味だけじゃなくて歌の「情緒」まで共感できるという・・・。
「ナカナカスゴイことであるなあ」などと、センセなんぞは思います。

今月の書評-36」ではアイヌ語の歌と沖縄語の歌を載せましたが、アイヌ語が現代日本語とは相当に異なる言葉であるのに対し、沖縄語は本質的に現代日本語の一分派であることも分かってもらえたと思います。

沖縄の形成~推移に関してはそのうちお話する予定ですが、今ここで重要な点にちょっと触れておきたいと思います。
それは、沖縄には大和政権の影響力が全く及ばなかったことに加え、沖縄の住民も大和政権に対して何らの関心も抱いていなかった、ということです。

もちろん交易はあったでしょうけど・・・。

今月の書評-99」で述べた「あまみん」、漁猟の民のことですが、これに関連する言葉を辿っていくと、天草~奄美大島~あまみきよ伝説などがあげられると同時に、考古学的証拠などから、この流れが北から南へと伝わったことが確実視されています。

で、沖縄の宗教には原始神道と相通じるものが濃厚に存在する一方で天皇家に関連する祭祀の類が全く見られない点からも、沖縄には大和政権の影響力が及んでいないことが明らかです。

ということは、沖縄の「あまみん」はヤマトが奈良で政権を樹立する以前に本土から分かれ、定住したことを意味します。
確かな年代は未だ分かっていないと思いますが、考古学的時代区分で言うところの「沖縄後期貝塚時代」あたりかと思います。ざっと言って、紀元前後かと・・・。

で、沖縄語が日本語の分派であるのは明らかですから、ということは、柿本人麻呂さんが話していた言葉と本質的には変わらない言葉が紀元前後にはすでに話されていた、ということを傍証することとなるわけです!



今月の書評-100

| | トラックバック(0)
「今月の書評」も今回で100 回となりました!
で、なかなか終わりませぬ・・・。

コロナも第三派で拡大中!
これもナカナカ終わりませぬ・・・。

センセの実験も三歩進んで二歩下がるの繰り返しで、
いつ終わるのか見当もつきませぬ・・・。

困ったものだ・・・。

ということで、倭人です。

呉の滅亡よりもはるか以前に、倭人の一部が半島南部に移住した
と、「今月の書評-98」で述べましたが、その理由を述べていきます。

これまでの議論から、水田稲作技術はまずは半島南部に伝播し、その後に列島と半島北部に伝播した可能性を指摘しました。そしてその古さを考えると、呉の滅亡とは無関係であることは明らかです。
今回は、朝鮮半島に数多く残る支石墓について考察を加えることによってこの考えを裏打ちすると同時に、その後の倭人の展開について考えていきたいと思います。まずは半島の支石墓の図です。


支石墓分布.jpg
これは「今月の書評-82」に載せた支石墓の分布図ですが、黒丸の密度からも明らかなように、南方型のものが浙江省~江蘇省沿岸から大挙して押し寄せてきた人々によって作製されたことが見て取れます。そして大事な点は、これらの支石墓の年代が長崎県で見られるものと比べて相当に新しいと考えられている点です。

支石墓の正確な年代測定はナカナカ困難であるようですが、ともかくも現時点で考えられている年代としては、長崎の支石墓群は菜畑遺跡とほぼ同じ紀元前1000 年くらい、一方の半島南岸部のそれは、ウイキによれば、紀元前500 年くらい前、と見積もられています。


原山支石墓群.jpg
長崎県の原山支石墓群 まっぷるトラベルガイドより https://www.mapple.net/spot/42000016/


「今月の書評-82」を書いた時点では長崎の支石墓群と半島南岸部のそれらとを同列に捉えていたので「半島南岸部の支石墓群の年代は紀元前500 年よりも古いであろう」と思っていたのですが、色々考えているうちに、「いや、そうではない!長崎のものと半島南岸部のものとは別の部族によるものだ!」と考えるようになりました。そしてそれを手掛かりとして色々想いを巡らしているうちに、一つのシナリオが頭にひらめきました!以下、例の妄察です。


1)倭人は水田稲作技術、素潜り漁を伴う漁猟、そして南方型支石墓形式のお墓という三点セットを伴って、紀元前1000 年よりも前に半島南岸部に移住した。その数は多くはなかった。
2)当初は半島南岸部に薄く広く住んでいたが、その後徐々に呉の版図から移住してきた他部族(鳥越憲三郎氏言うところの広い意味での倭族)に押され、南西岸から南東岸、現在の慶尚南道辺りに居を移す。
3)ここで北九州~対馬~慶尚南道のラインを利用していた縄文人と遭遇!同じように入れ墨だの抜歯だのしていたおかげで、両者はすぐにお友達となる。で、縄文人に列島へのルートを教えてもらって水田稲作技術と支石墓形式のお墓を北九州に持ち込む。これが紀元前1000 年くらい前のこと。
4)倭人は、列島が半島に比べて水田稲作~漁猟により適した土地であることがすぐに分かった!だもんで、列島を足場にして勢力を伸ばすことを決意!
5)一方で、先進的な技術は常に大陸~半島からもたらされるので、慶尚南道に築いた拠点の確保には全力を尽くすことを決意!
6)その後、呉国が崩壊。版図の住民が大挙して半島南西部に押し寄せる。さらにその後に越国も崩壊し、同様に難民流入。ここに半島南部は小国家が林立し、北方の勢力や半島東岸の勢力も加わって大混乱!小国の王は、こぞって自らの支石墓を建立する。
7)一方の倭人は、慶尚南道を何としても死守する決意だ!この当時、列島に移住した倭人にとって、慶尚南道は自らのルーツの一つであり、「第二の故郷」と認識されるようになった。時が経つにつれ、「第一の故郷」である江蘇省沿岸部は忘れ去られるようになった・・・。


このように妄想すると、その後の大和朝廷の朝鮮半島に対する認識~関与などもすんなりと腑に落ちるようになる、と考えてます。
加えて現在の沖縄の形成に至るルーツも、この妄想から紡ぎだせるとも思っています。


今月の書評-99

| | トラックバック(0)
「倭」の生業は「半農半漁」であり、「農業」従事者は水田稲作を、「漁業」従事者は海士漁を主に行っていた?

これまでの議論から、倭人と漁労とが強く結びついているのは明らかです。
で、古墳時代から大和政権あたりに登場する一群の人々の中に、「安曇氏(あずみし、あずみうじ)」というのがおります。古事記などでは阿曇氏と書かれています。長野県の安曇野の地名の元となった人々です。

この安曇氏の由来ですが、漁労に携わっていた連中の大将みたいな人々であったと考えられ、「あずみ」の言葉のそもそもは「あまつみ」、あるいは「あまみ」であると思われます。

「あまつみ」の意味にはいくつかの解釈があるようですが、個人的には「あま」は「海」あるいは「天」を意味し、「み」は「民」を意味し、「つ」は「の」に相当する言葉、すなわち「海の民」を意味する言葉だと思います。「わだつみ~わたつみ」は兄弟語です。

これに関連する言葉は日本列島には数多くあり、天草、奄美島、沖縄の「あまみきよ」伝説などがすぐに連想されます。伊豆半島の熱海も関連語です(後の時代に付けられた「漢字」に惑わされてはいけませぬ)。
多くは島や海岸部の名前ですが、安曇野などのように、北アルプスの麓にも残っています。安曇氏の影響力が科野(しなの)に及んだ結果です。

この、倭人の中の大きなパーツを構成していた「海の民」ですが、後に沖縄のお話をする際にも重要となる人々です。


さて、半農半漁の半魚人が「あまみ」であったとすれば、半農人はナント呼ばれていたのか?

ここからはセンセの妄想の嵐が吹き荒れます。


日本人の起源を言語学的観点から探る方々の一人に、以前にも紹介した金平譲司氏が居られます。氏のブログ、「日本語の意外な歴史」は相当に専門性が強いのでセンセなんぞはナカナカついて行けないのですが、氏の話の中で非常に興味深い点の一つが、「我々が普段日本語そのものであると思っている言葉の中には古代の他の言語に由来する可能性があるものが少なからず存在する」ことを明らかにしつつあるところです。これはカタカナ言葉や「漢字熟語」などの明らかな外来語を指しているのではなく、例えば「水(みず)」など、いわゆる「訓読み」の、日常的に普通に「日本語そのもの」と考えながら使っている言葉の中にも古代の他の民族の言語から転嫁した可能性があるものが多い、ということなのです。

要するに、「訓読みだから日本本来の言葉である」とは限らない、ということです。最も分かりやすい例としては、多くのヒトがすでにご存じだと思いますけど、「馬」などが挙げられます。訓読みが「うま」、音読みが「ば」、あるいは「ま」ですので、別種の言葉のように思われますが、元は同じです。


で、この伝で、センセも一つ、倭人における半農人がなんと呼ばれていたか、考えてみました。

で、結論。それは、「たみ」です!以下、狂瀾怒濤の妄察です。

「たみ」の「た」は「田」。音読みは「でん:den」。訓読みは「た:ta」。「d」と「t」はお友達。倭人はそもそも大陸で稲作を行っていた。従って、「た」は移入された言葉ではなく、「た」と「でん」は同源だ!

「たみ」の「み」は「民」。「み:mi」と「みん:min」はとっても近いお友達。

従いまして、倭人は「田民:たんみん」と「海民:あんみん」とで構成されていた。その後、「たんみん」の重要性が「あんみん」を凌駕していったので、一般民衆のことを「たんみん → たみ」と呼ぶようになった。「海民」は「あんみん → あまみん → あまみ」と変化。因みに、「あま=うみ」で、同源です。

さらに、「民衆」のことを古語で「たみくさ」というが、これは「たくさんのたんみん」のこと。同様に「あまくさ」は「たくさんのあんみん」のことを意味する。

入り組んだ「天草」の地は、今も昔も多くの漁労関係者が暮らすところである。


どうです!目からマナコでしょう!!! ← HD





この過去記事について

このページには、過去に書かれた記事のうち日々のお話カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはバイオジェニックスとはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。