坂城散歩道-31

| | トラックバック(0)
暑い暑いとヒーヒー言っていたのがウソのような11月最初の連休の坂城ですが、
みなさまいかがお過ごしでしょうか?

アメリカ~ヨーロッパではコロナは沈静化するどころか年初を大きく凌駕する勢いですし、日本でも縮小傾向が全く見られない情勢ですが、坂城のセンセは今年最後のチャンス!とばかりに太郎山から大峰山~水晶山~芝峠まで縦走し、最後は遭難するという、相変わらずのお目出たいオチのついた連休を過ごしましたので、ご報告いたします。

美山園.jpg太郎山林道入り口に位置する介護施設、みやま園からの北アルプス遠望。
天気は薄曇りで、明日は雨とのこと。
本日を逃せば今年はチャンスなし!


美山出発.jpg本日は、三年前にセローで突進し、見事に返り討ちにあった太郎山の連続つづら折れの雪辱を果たすべく、カワサキKSR110で頂上まで登って行く予定です。

気持ちを奮い立たせるべく、BGMはディープ・パープルの「Highway Star」だっ!Sina の叩くドラムを聴いてくれっ!!!ついでに「Sunshine of your Love」、「White Room」、「Light My Fireを上げとくから、彼女を胆嚢、じゃなくて堪能してくれっ!ついでにジンジャー・ベイカーの冥福も祈ってくれっ!!!

ついでにSina、俺と結婚してくれっ!!!


太郎山分岐.jpg太郎山林道はここまではフラットで走りやすい。
ここから分岐して頂上に向かうが、急坂のつづら折れが連続する。
三年前は半ばに至るまでに二回コケ、俺の心もつづら折れた・・・。


つづら折り-1.jpg
どうしても写真では高低差が反映されないネ!


太郎山わだち.jpg
途中の「わだちの小道」。


美山看板-1.jpg
到着!

KSRのエンジン、アイドルが低すぎるのかナンなのか知らないが、回転数が落ちるといきなり停止する!最悪!!!
出発時もナカナカエンジンがかからず、チョークを引き引きキック!キック!とセルの繰り返しで、「バッテリーが上がりませんように!プラグが被りませんように!」と祈りながら真っ当にエンジンがかかって温まって出発するまで、ナント20分もかかってしまった!
このつづら折れを登る際も、エンジン停止が怖いので、ひたすら回転数の維持に努めた。そこに注意が集中するので、恥も外聞もなく、本当にバタバタと登ってきた。

で、さすがに一度もコケることもなく走破できたのは幸いであった。

研究所を出発したのが9:40、頂上に着いたのが10:20 でした。


太郎山バイク-1.jpg
ここでKSRクンを停め、登山靴に履き替える。
ブーツもヘルメットもウエストポーチも全部そのまま。
ギアをローに入れてハンドルをロックしてサイドステップを確認して、いざ出発!


美山看板-2.jpg
太郎山山頂を迂回して、直接大峰山に向かう経路を歩き始めた。


太郎山看板-1.jpg
ほどなく稜線に至り、看板通りに左へ。
ここらはちょっとした広場となっている。


太郎山看板-2.jpg
だそうです。
「つつじの乙女」、ググってくだされ。

で、ここから立派な道沿いに下ってはいけませぬ!
センセは間違えて下ってしまった・・・。


太郎山看板-3.jpg
下るとこんな看板があった。

「ナンカ変だなあ~。これではこのまま真田方面に降りるのではなかろうか?」
と思って引き返すと、向こうからヒトが来た。
で、訪ねてみると、やはり間違い。

「つつじの乙女」看板のすぐ左横に大峰山稜線に向かう道があった!やれやれ・・・。


太郎山より北アルプス.jpgここから臨む北アルプスの峰々。
薄曇りなので画面も今一つですが、眺望は良い。


稜線入り口.jpg

ここが大峰山へと向かう稜線の入り口。
両脇にテープが延々と続く。
登山者が道を誤らないためのサービスかと思いきや、松茸どろぼう除けの結界であった・・・。


稜線-2.jpg
稜線は左右が狭く、ハッキリ言って、怖い!
特にここが難所。
研究所の二階からも見える「地獄谷の大崩れ」の一番目だ!
坂城散歩道-13」の最後の方の写真に、外観が写ってます。
ホント、左に踏み外すと、たぶん、相当な確率で、地獄行きだと・・・。

「ブラタモリ:坂城町編」は、これでは到底無理だネ!


稜線-3.jpg
大崩れの二つ目の道。


稜線-4.jpg
ここを抜けると、こういうカンジの稜線が続く。
この先、道は、山の右斜面をトラバースする形となる。



傍陽-1.jpg
ここから傍陽(そえひ)~真田方面を臨む眺望がすばらしかった!
正面の山は、右が四阿山(あずまやさん)、左は根子岳(ねこだけ)だと思う・・・。



傍陽-2.jpg
紅葉の絵をもう一枚。


送電線.jpg
稜線に戻ると、坂城町側からの送電線が走っている。
ここを下ると「坂城散歩道-14」で紹介した大久保林道に至るようだ。
ただし大久保線、数年前から、センセのような善良なる一般町民には常時閉鎖となっている。

なぜなんだ??


鳥居.jpg
さらにポクポク登っていくと、あの有名な鳥居が出現!


大峰山祠-1.jpg
祠(ほこら)が二つありました。

で、財布をかき回すと小銭がじゃらじゃらあったので、半々に分けてお供えし、心を込めてお祈りしました。

一つ、「クマに出会いませんように!」
二つ、「帰りの道で、大崩れの崖から落ちませんように!」
三つ、「実験が上手くいきますように!」
四つ、「コロナが早く終息しますように!」
五つ、「Sina と結婚できますように!」
六つ、「トランプもうらやむようなお金持ちになれますように!」
七つ、八つ、九つ・・・・・・・。

まだまだ祈り足りない信仰心の篤い敬虔なるセンセでしたが、お腹もすいてきたので、早めに切り上げました。


大峰山山頂.jpg
しばらく歩くと、目的の大峰山山頂に到達!
時刻は11:45 でした。

で、ここで昼食。

恒例のお弁当の写真は今回から省略!
いつもと同じです!


大峰山頂遠景.jpg
大峰山山頂より蓼科方面を臨む。
本日は写真の左側にうっすらと富士山が見えました!

でも、写真では分かりませぬ・・・。

で、当初の予定ではここから引き返し、後日に芝峠~水晶山~大峰山を結んで全ルートを完走するはずでしたが、時間的に余裕がありそうなので、一気呵成に芝峠まで踏破することにしました。


・・・これが間違いのもとであった・・・。


水晶山頂上.jpg
大峰山から芝峠に至る道は、特段面白くもない。


芝峠看板-1.jpg
こういう看板を経て・・・


芝峠看板-2.jpg
ここに至った。
で、ここからさらに下りの道が続いている。

で、ここでひらめいた!

たぶん、この道を下ると、前回、堂叡山から下ってきた林道にぶち当たるのではなかろうか?そして林道からの芝峠入り口の看板が分かりづらいために(実際のところ、あるかなしかも定かではない)、見落としたのではなかろうか?

で、本来であればこの道を下って確かめるべきであるが、時間も迫っているし、これは諦めてここから引き返しました。


大峰山カモシカ-1.jpg
で、帰り道、20メートルくらい先の目の前にカモシカが!

実は本日、太郎山をKSRで登っている最中、黒毛の比較的大型の成獣に出くわした。カメラを向けたら逃げ出したが、特徴から言って、同じ個体であろう。


大峰山カモシカ-2.jpg
今回は逃げ出さず、近づいてもまだ見てる。
で、逃げるとき、「ピュッ!」と鼻に抜ける声を出して去っていった。

カモシカの鳴き声、初めて聞いた!


大峰カモシカ-3.jpg
ところがこのカモシカ、その後も何度も先回りして、こちらを待ち伏せする。

結局、総計5回もにらめっこする羽目に陥った。
去る時には必ず「ピュッ!」と鼻声を出す。
ナンカ意図があるのだろうか?

ことによると、このカモシカはメスの成獣で、センセをストーキングしているのではなかろうか?

実は今回、縦走の先々でマーキングを施してきた。
生理的必要性もさることながら、クマ除けのためでもある!
科学的証拠はありませぬが・・・。

で、センセのヤツは至って強烈なので、クマが避けるのは無論のこと、カモシカ嬢にとっては誠に心の乱される香りとなったのではなかろうか?

あの「ピュッ!」という鼻声には、種を超えた深い意味が隠されているのカ?モシカして・・・。


地衣類.jpg
大峰山山頂付近にはサルオガセなどの地衣類が多い。
また、地面にはスギゴケも多く見られる。
坂城は全国でも有数の少雨地域であるが、大峰山あたりには雲がぶつかって比較的高い湿度が保たれるのだろうか?

写真はハナゴケだと思います。コケではなくて地衣類です。



で、ポクポク歩いて大峰山山頂を過ぎ、例の鳥居もとりい過ぎて下っていったが、どうも様子がおかしい・・・。
このまま下っていくと、どう考えても傍陽方面に降りてしまう・・・。

で、鳥居のところまで引き返し、左に折れずに峰をそのまま下って行った。
このまま行けば、例のトラバース道に出るはずだ・・・。
とりあえず道らしい道はあるので、そんなに心配せずに下って行った。

しかしながら、どうもおかしい・・・。
いくら歩いてもトラバース道はおろか、例の送電線の場所にも行きつかない・・・。

で、時間的にも体力的にも、再び鳥居まで戻ることも出来ない・・・。
もはや4時に近い・・・。

間違っても傍陽側に下ることだけは避けたいので、太陽の位置を確認し、頭の中で色々方位を考えた結果、この道を下り続ければ少なくとも坂城サイドに出る、坂城側の何らかの林道に遭遇する可能性がある、と結論した。

この時点で、太郎山頂上に戻ることは諦めた。すなわち、KSRクンには一人で夜を過ごしてもらうことに決定した。

で、道は相当に獣道じみてきたが、とりあえずは「道」であるので、命の心配まではしなかった。心配したのは、「やれやれ明日は太郎山頂上まで徒歩で登ってKSRを回収しなくてはならぬワイ・・・。」という点であった。

で、最終段階になって獣道が急になったと思ったら、眼下に林道が見えた!
しかもコンクリート製で、さらにはカーブミラーまで付いていた!

最後は滑り落ちるようにして林道にたどり着いたが、経験から言って、恐らくこの林道は「坂城散歩道-14」の大久保線ではなかろうか?と考えた。
この時4:30。日はすでに西方の峰々に没せんとしていた。

ま、この時点で確実に命は助かったので、比較的お気楽に下って行った。
途中の光景も記憶にあるものが多い。間違いなく、大久保線であろう。


帰路-1.jpg
で、この光景に出くわした。大久保線である。
写真の右上に、例の「地獄谷の大崩れ」の一つが写っている。
昔、右の道は草ぼうぼうの小道であったが、新たに林道を作っているようだ。

で、オフライダーを代表してセンセからのお願い。

「舗装しないでそのままにしておいてください!」

で、そのままポクポク降りていって5時過ぎには研究所にたどり着いた。
帰路は一方的な下りなので、大いに助かった。

そのままジムニーに乗ってA-COOPでお寿司を買って夕食としたが、およそ7時間の山歩きで足腰はパンパン。
翌日KSRクン救出のために再び太郎山に登ることを思うと、ナカナカに気の重い夜を過ごしたのであった・・・。

以下、本日のルート。

太郎~大峰山 踏破地図.jpg
例によって赤は舗装路、青はダート、薄緑は歩きの往路、深緑は遭難路です。
ずいぶんと歩いたもんだワ・・・。
翌日は、この赤い道と青い道を徒歩で登るのである・・・。

で、思ったのが、あれだけお賽銭をあげて(総計100円ともなろうか!)信心深くお願いしたのに、何ゆえにこのような目に会うのか?!

と、よくよく考えると、お願い事の二番目、「帰りの道で、大崩れの崖から落ちませんように!」と願ったが為に、大峰山の神さまは「地獄谷の大崩れ」を歩かせまいと、敢えて別ルートを選択したに違いない!なるほど、大峰山の神さまは非常に合理的なお方だっ!



・・・で、翌日となった。お話はまだまだ続きます!



月曜の朝は前沢さんが出勤している。
センセはこの日の月曜はお休みとしていた。

朝9:00 に顔を出し、事情を話して「みやま園」まで車で送ってもらった。
そこから重い足を引きずりながら歩き出したのが9:30 。トホホホ・・・。

太郎山林道は入り口から陣馬平林道との分岐点までの舗装路は結構きついが、ほどなくフラットになることがバイク走行から分かっていたので、ま、そんなに心配はしてなかったけどね!

それよりも、本日は朝から小雨。
予報によれば、午後からはさらに雨脚(あまあし)が強まることも予想されたので、そちらの方が心配だ。だもんで、雨合羽その他、雨対策は万全だ。

まあ、きついことはきついが、これもまた人生の数ある酔狂の一つだとお気楽に考えることにして、鼻歌の一つでも口ずさみながらポクポク登って行った。鼻歌はニール・セダカの1974 年のヒット曲、「Laughter in the Rain」だっ!


太郎山ヨメナ.jpg
小雨にそぼ濡れるヨメナの花。

と、目の前20メートル先に、体長50cm くらいの動物がモソモソしている。
見たところ、丸々太ったタヌキの成獣だ。
林道の道端で、たぶんミミズ探しに熱中しているのであろう。シャッターチャンス!


太郎山タヌキ-1.jpg
結構近づいても気づかずにモゾモゾしている。
さらに近づいてもう一枚。10メートルくらいか。


太郎山タヌキ-2.jpg
ようやく気付いて一目散!


タヌキと言えば、一昨年の夏、研究所の前の小庭のムクゲの木の下に、小さな動物が潜んでいるのを発見した。
最初はどうせネコか何かだろうと思っていたが、逃げもしないでじっとしてる。
顔を突っ込んでよくよく見れば、どうやらタヌキのこどもらしい。
親とはぐれたのだろうか、とにかくじっとして逃げない。
お腹を空かしているのだろうと思い、アパートからウインナーと牛乳を持ってきて、容器に入れて木の下に置いて様子を見てた。
実験があるのでその場を離れ、翌日に容器を調べると、見事に完食していた。
で、また来るかと思ってウインナーと牛乳を入れておいたが、その後は再び来ることはなかった・・・。家族との再会を果たしたのであろう。


で、歩き続けて例の分岐点に到着したのが11:00 丁度。
ここから急坂を登らなくてはならない・・・。
この急坂を楽に登るために購入したKSR110を救出するために、今、大変苦労して急坂を登りつつある・・・。

一体、俺は、何のためにKSR110 を買ったのだ???

いや、もちろん、KSRクンには何の落ち度もありませぬ・・・。



太郎山KSR-1.jpg
で、八重(やえ)のつづら折れの最後を曲がると、おおっ!あそこにあるのは!


太郎山KSR-2.jpg
無事であったか、KSR!
この時11:30 。
分岐点から30分かかりました。

そぼ降る雨とカラマツの落ち葉にまみれてはいたが、指一本触れられていないようだ。カラマツの木の下に置いといたおかげで、ブーツやゴーグルもさほど濡れていない。良かったあ~!

で、カンジンのエンジンであるが、キーをONにしても、なかなかニュートラルが出てこない。よくある話。で、ようやくニュートラルのランプがついた。で、慎重にキック!今回は一発でかかった!かかったエンジンが止まらないように十分に暖気運転をした後、小雨そぼ降る泥土の急な下り坂を降り始めた。

BGMは、ドアーズの1971 年のヒット曲、「Riders On the Storm」である・・・。

やはりエンジンが心配で、なかなかスムーズな下り走行とはいかなかったが、ともかくも泥土に転倒することもなく、ナントかフラットな所まで降りられた。
これ以降はフラットな直線区間も多いので、そこでは三速にも入れることができる。「林道、楽しい~~~っ!」てえのが、こういう区間です!

で、ナントか無事に帰宅できました!ヤレヤレ・・・、なんてえ連休でいっ!


開通地図.jpgで、本連休中に一応の完成を見た坂城縦走路ですが、正確に言うと、芝峠から峠の直下にあると思われる林道までの数百メートルくらいの道が貫通していない。
また、前回もお話したように、堂叡山の山頂から本来の稜線を歩いて芝峠に至る道も未踏である。
各林道の関連性をもう少し追及したいので、来年はここら辺を課題として取り組んでみたいと思います。ドタドタバタバタではありながらも、何と言ってもKSRで太郎山山頂まで登ったのであるから、「坂城町の全ての林道を踏破する!」ことを来年からの課題として、新たな挑戦の年を迎えたいと考えています。

ただし、つい先月も水晶林道で70歳台の男性が遭難死したばかりであり、低山~里山といえども気を抜くことなく、もっと準備を整えて、安全にも安全を優先し、カッコつけることなく、じみ~であっても確実に目的を達成するにはどうしたら良いか、そこらへんを十分に考えて行動すべきであると、今更ながらに気を引き締めつつあるセンセでありました!

ではっ!


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 坂城散歩道-31

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kigen-technosakaki.jp/mt/mt-tb.cgi/291

この記事について

このページは、喜源テクノさかき研究室が2020年11月 3日 11:54に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「坂城散歩道-30」です。

次の記事は「今月の書評-100」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。