お悔やみ申し上げます。

| | トラックバック(0)
アレサ・フランクリンが死にました。
76 歳。
すい臓ガンだそうです。

昭和40 年代:時代と音楽-12」でもご紹介しましたが、アレサ・フランクリンと言えばまさにソウルの女王
1960 年代のヒット曲としては、小さな願い:I Say a Little Prayer」、「Respect」、「Baby I Love You」、「Chain of Fools」、「Think」、「A Natural Woman」などが有名どころです。
1970 年代では、「Spanish Harlem」、「Until You Come Back to Me」などがヒット!

たぶんその後もいくつかヒット曲を出していると思いますが、オトナになったセンセがラジオを聴かなくなったので、分かりませぬ・・・。
けれどもグラミー賞を18 回も取ったり、女性で初めてロックの殿堂入りしたりなど、相変わらずの活躍は耳にしておりました。
さらには黒人女性として初めてTIME 誌の表紙を飾るなど、アメリカ文化を代表する一人であったのは間違いありません。

オーティス・レディングもジェームス・ブラウンもアイザック・ヘイズもマイケル・ジャクソンもプリンスもBB キングもウイルソン・ピケットもマーヴィン・ゲイも、みい~~~んな居なくなってしまいました。

そして昨日アレサ・フランクリンが仲間に加わりました・・・。

お悔やみを申し上げます・・・。


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: お悔やみ申し上げます。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kigen-technosakaki.jp/mt/mt-tb.cgi/204

この記事について

このページは、喜源テクノさかき研究室が2018年8月17日 14:24に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「今月の書評-33」です。

次の記事は「坂城散歩道-22」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。