今月の書評-6

| | トラックバック(0)
みなさまこんにちは!いかがお過ごしですか?

ここ長野では相変わらず厳寒の日々が続いてますが、お隣の平昌(ひらまさ、じゃなくってさとちゃん、でもなくってぴょんちゃんです。)ではもっと寒い中を選手の皆さんが頑張ってます。
ここまでの日本選手、ナカナカの活躍ぶりで、銀も銅もほぼ期待通りの数。
でも、いまだ金(きん)が無いっ!と、フラストレーションが溜まりつつあったところに結弦クンがやってくれました!しかも宇野クンが銀!日本勢、期待通りに金銀独占!!!ヤッホー!!!

本日、午前中は女子カーリングをずっと見てました。日本女子チーム、ここまで三連勝で絶好調です!

センセはもちろんカーリングやったことありませんが、実は冬のオリンピックの中で一番好きな競技種目です。特に日本女子チームが好き!!!
アニメからそのまんま抜け出てきたような女の子たちが
「うん!」、「いいよー!」、「そだね~!」、「ないす~!」
なんて叫びながら一丸となって戦っているさまが、とてもかわゆいです!
本日は中国戦。中国選手は四人とも眼鏡かけて女子校の先生と学級委員長の混合チームみたいなカンジでしたが、戦績を見るとナカナカ強いチームで、ううむ、五分五分くらいかな?という期待で見てました。
残念ながら惜敗してしまいましたが、今晩のロシア戦(OAR)を期待しませう!

で、少々がっかりしたところで研究所に行ってサンプリングして動物室の加湿器に給水してから車で買い物に行って戻ってくると、TVでは just で羽生クンの出番。

こういうのってみんなそうだと思いますが、あまりメダルを期待されていない選手の場合は普通に見てられますが、金で当たり前、悪くても銀、なんて場合にはかえってドキドキして画面を見るだけでストレスがかかり、「負けたらどうしよう、ガッカリするのはやだな。四回転で転ぶシーンを見るのは嫌だから、歓声だけ聞いて成功か失敗か判断して、その後で画面を見よう。」なんて考えたりして昼食の準備をしながら振り返り振り返りTVを見てましたが、最初から出来が良くってそんな心配も忘れてしまい、結局最後までしっかりと画面を見てしまいました。

で、ほとんど金確定!というカンジでしたので、次の心配は宇野クンが銀になるのか銅になるのか、それこそ銅になったらどうしよう、となりますので、今度はスペインのフェルナンデス選手に対して足を引っ張るような願望が出てくるわけです。

センセはフィギュアスケートの選手は知ってる選手しか知らないタイプですので、「フェルナンデスって、誰なんデス?」というカンジでしたが、人間ってえのは正直なもんで、フェルナンデス選手が上手に飛ぶと、「あ~✖!」なんて思ってしまいましたが、でもショートほどの出来ではなかったので、こんなこと書いてはいけませんが、ホットしました。このブログを見てくださっているスペインの皆さま、「Lo sient!」。

で、最後の滑走が宇野選手。
最初の四回転でコケましたが、ナントか無難にまとめましたので、さて、銀か銅か、ヤキモキする時間帯でしたが、ダレナンデス選手を抑えて銀!ヤッホー!
日本勢、金銀独占だ~~~っ!

で、本日は皆さま同様に気分が良いのでブログを更新しちゃってるわけですが、この気分でいまさら縄文人は無いよね?
この先、小平奈緒ちゃんや高木美保ちゃんが出てくるわけですし、さらには日本女子カーリングの試合もまだまだ続くわけですし、当分縄文人はおあずけ!
ぴょんちゃんが終わりましたら再開したいと思います。

では最後に、

「日本選手、がんばれ~っ!!!縄文人、少し待っちょれ~っ!」

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 今月の書評-6

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kigen-technosakaki.jp/mt/mt-tb.cgi/173

この記事について

このページは、喜源テクノさかき研究室が2018年2月17日 15:46に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「今月の書評-5」です。

次の記事は「今月の書評-7」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。