坂城散歩道-7

| | トラックバック(0)
みなさまこんにちは!ご機嫌いかがでしょうか?
ここにきて日本列島は寒波に見舞われてます。先日の京都の女子駅伝でも、選手の皆さん、雪の舞う中、たいそうがんばっておりました。
で、TVを見てるうちに「オレもがんばるぞ!」とばかりに、雪の降る中、いつもバイクで走ってる裏山の林道をお散歩することにしました。酔狂ですね!

雪の坂城町 170114.jpg

第一研究所からの南方面の眺めはこんなカンジ。雪はそんなに深くない。
で、ポクポク北に向かって歩き始めました。
装備は長靴、化繊の綿入れみたいなズボン(これが暖かい!)、本物の米軍払い下げのアラスカコート(むっか~しアメ横で買った)と重装備!いつなんどき遭難しても大丈夫だ!

で、ほどなく長野自動車道の坂城インターへ到着。そこから横に入って、水晶山登山道へと向かう林道、水晶線入り口に到達した。
写真で見るとおり、誰の足跡も無い!センセが一番乗りだ!ヤッホー!!!


雪の水晶線 170114.jpg

先日歩いたときは、カモシカの足跡がついていたけど、今日はホントに何の跡も無い。ひたすらセンセの足跡をきざむのみ!



人生の軌跡 170114.jpg

で、きざんでみました。
おっと~、後ろを振り返っちゃあいけない!前を向くんだ!前を向いて、ひたすら進むのだ!GO! GO! センセ!行け行け センセ!


川止め 170114.jpg

右側は小さな渓流。御堂川の上流部。でも、小さすぎて流れはいつもチョロチョロ。魚影も無い。ところどころに魚止め(砂防堤)がある。

ここまでずうっと登りの道だが、そんなに急じゃない。足慣らしには適度な勾配だ。でも、さらにどんどこ進むと、比較的急な坂道となる。左に右に折れ曲がり、S字状のところもあるので、センセのバイクの練習場ともなっている。

登坂開始 170114.jpg

ここが上り坂の入り口。さすがにこの雪道を水晶山の登り口まで行く気はないので、ここから引き返しました。

あ~良い運動だった!往復でたった4~5km だったけれども、軽い登りの雪道の散歩、スキーよりもよっぽど運動になるね!これでカモシカ君と遭遇できればもっと楽しくなると思うけど。この林道では、以前にいきなり出会ってにらめっこしたことがある。カモシカだったから良かったけど、熊もおるでな・・・。

以下、本日のルートです。そのうち林道奥までバイクで行って、その後は水晶山まで登山しようと考えてます。ではまた!

水晶線まで 170114.jpg

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 坂城散歩道-7

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kigen-technosakaki.jp/mt/mt-tb.cgi/152

この記事について

このページは、喜源テクノさかき研究室が2017年1月16日 17:17に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「昭和40年代:時代と音楽-38」です。

次の記事は「坂城散歩道-8」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。