お焦げとガンについて-22

| | トラックバック(0)
引用文献など、文中に書き込むと読みづらくなるので、最後にまとめました。いくつか「漏れ」もあるかと思いますが、何卒ご容赦下さい。画像の転載に関しましては、お詫び方々お礼を申し上げます。

お焦げとガンについて-1~3
1. ワインバーグ 「がんの生物学」 南江堂
2. Garrow JS、James WPT、Ralph A 「ヒューマン・ニュートリション」 医歯薬出版(株)

お焦げとガンについて-4
3. Schwab CE, et al. Search for compounds that inhibit the genotoxic and carcinogenic effects of Heterocyclic aromatic amines. Critic Rev Toxicol, 30, 1-69, 2000
4. Ames BN and Maron DM. Revised methods for the Salmonella mutagenicity test. Mutation Res, 113, 173-215, 1983
5. Stavric B. Biological significance of trace levels of mutagenic heterocyclic aromatic amines in human diet: a critical review. Fd Chem Toxic, 32, 977-994, 1994 

お焦げとガンについて-5~6
6. Wakabayashi K and Sugimura T. Heterocyclic amines formed in the diet: Carcinogenicity and its modulation by dietary factors. J Nutr Biochem. 9, 604-612, 1998
7. Pais P, et al. Formation of mutagenic/carcinogenic heterocyclic amines in dry-heated model systems, meats, and meat drippings, J Agric Food Chem, 47, 1098-1108, 1999
8. Augustsson K, et al. A population-based dietary inventory of cooked meat and assessment of the daily intake of food mutagens, Food Additives and Contamitants, 16, 215-225, 1999
9. Ohgaki H, et al. Carcinogenicities of heterocyclic amines in cooked food, Mutation Res, 259, 399-410, 1991
10. 長尾美奈子 「食品中のHCA はヒトの発がん物質か?」 Foods Food Ingredients J Jpn, 194, 25-32, 2001

お焦げとガンについて-7
11. Cheung C, et al. Rapid induction of colon carcinogenesis in CYP1A-humanized mice by 2-amino-1-methyl-6-phenylimidazo[4,5-b]pyridine and dextran sodium sulfate, Carcinogenesis, 32, 233-239, 2010
12. Takayama S, et al. Chemical carcinogenesis studies in nonhuman primates, Proc Jpn Acad Ser, B 84, 176-188, 2008

お焦げとガンについて-8
13. Cancer and diet from NIH.png, GNU free documentation license ver 1.2
14. IARC; International Agency for Research on Cancer, database
15. USDA; World markets and trade in selected countries, database
16. FAOSTAT; Per capita meat consumption of 177 countries in 2007

お焦げとガンについて-10
17. 廣畑富雄; 
18. がん研究振興財団 「がんの統計」

お焦げとガンについて-11
19. FAOSTAT; Per capita meat consumption of 177 countries in 2007
20. IARC; International Agency for Research on Cancer, database

お焦げとガンについて-12
21. FAOSTAT; Per capita meat consumption of 177 countries in 2007
22. IARC; International Agency for Research on Cancer, database
23. 中村宗一郎他 「日本と韓国の食の現状と課題」 信州大学農学部紀要 43, 9-15, 2007
24. 堤伸子 「わが国の食料消費行動の変化と特徴-日韓の比較を中心として-」 鳥取大学教育学部

お焦げとガンについて-14
25. FAOSTAT; Daily fat intake per capita in 2010
26. 五訂日本食品成分表 医歯薬出版(株)

お焦げとガンについて-15
27. FAOSTAT; Dietary energy concumption in 2010
28. Ganmaa D and Sato A. Mortality from ischemic heart disease in relation to world dietary practices; http://www.eps1.comlink.ne.jp/~mayus/lifestyle2/milkcalcium2-4.html
29. 都道府県別統計とランキングで見る県民性; http://todo-ran.com/t/kiji/13657
30. CDC; Colorectal cancer incidence rates by states, 2010
31. CDC; Principles of epidemiology in public health practice, 3rd edition.

お焦げとガンについて-16
32. PubMed;  http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed

お焦げとガンについて-17
33. 食品安全委員会ファクトシート 「食品に含まれる多環芳香族炭化水素(PAH)概要」 平成24年

お焦げとガンについて-19
34. 「印刷事業場で発生した胆管がんの業務上外に関する検討会」報告書; 平成25年
35. 新エネルギー・産業技術総合開発機構 「化学物質の初期リスク評価書」No.15、ジクロロメタン、2005年
36. 厚生労働省・化学物質のリスク評価検討会 「リスク評価書」No.64、1,2-ジクロロプロパン、2013年
37. IARC; International Agency for Research on Cancer, database


 




 







トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: お焦げとガンについて-22

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kigen-technosakaki.jp/mt/mt-tb.cgi/92

この記事について

このページは、喜源テクノさかき研究室が2014年5月 7日 09:23に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「お焦げとガンについて-21」です。

次の記事は「昭和40年代:足立区の移り変わり-1」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。