疲労・休養・栄養・運動-9

| | トラックバック(0)

皆様こんにちわ!お久しぶりで御座ります。直近のお話から、既に2ヶ月以上も経ってしまいました。この間、公私ともにいろんな事がありました。従いましてカキネタもたくさん蓄積して参りましたので、後は書く時間が出来るのを待つばかり、と言うところで大型連休となりまして、さっさと疲労シリーズを終わらしたい、と思っていた矢先、シリーズ終盤を飾る華々しい出来事が生じましたので、まずはこれからご紹介致したく存じます。

今年の桜はここ坂城でも1週間ほど早めに咲きまして、時には最高気温が26度にも達するなど、これは幸先の良い春を迎えたのう、などと思っていたのですが、先週の日曜にはいきなり大雪が降り積もるなど、相変わらずの春の嵐の状況から抜け出す事が出来ませぬ。当然ストーブも未だ現役で、寒いんだか暖かいのだか訳の分からぬ状態。体のスイッチも、冬モードをOFFにすべきかONのままで良いのか、迷いに迷う状況にあったところに、連休初日の27日土曜日未明、大型の低気圧が日本海を北海道方面に向けて北上。これに対してセンセの体が鋭敏に反応しまして、未明の2時~3時頃から血圧が急上昇!目はらんらんと冴え渡るは心臓の拍動はドックンドックンと響き渡るは、あげくは胃がひっくり返った様な状況となりまして、ベッドの上で七転八倒の状態!あたかも胃が「こむら返り」を起こしたような状況で、キュ~~~っと収縮。カチンカチンになりまして、朝になっても食欲ゼロ。カツンカツンと痛みますし、時折頭痛までしますし、関節もなにやら痛みますし、とにかく体全体が締め付けられるようなカンジがするので、まずはインフルエンザと食あたりを考えてみましたが、熱は全くなし!吐き気と下痢症状も全くなし!と言う事で、これは例の低気圧関連の自律神経失調によるものであろう、との結論に至りました。普通は低血圧で反応するのですが、その日は逆に高血圧で反応。自分の体、面白いです!その日一日は食欲が全くありませんでしたが、頭の具合は普通通りでしたので(つまり年中ボヤ~ッとしてるってこと)、PCの前に一日中座って、週末のルーチンである「経済分析」に余念がありませんでした。夜になっておかゆを作って食べただけですけど、お腹空かない、、、。ところが翌日も同じような状況でしたので、やっぱりPCの前で経済分析の続き。本日は少しは良い様な気もしますが、基本的には同じ状況です。今日ぐらいはゴルフの練習や、或いは近くの河原をお散歩でもしようと考えていたのですが、全くそんな気分にはなれませんので、これ幸いとばかりに、たまりにたまったブログを書くことに決めました。

フウ~~~、ここまで一気に書き上げました、、、。

TVでは家族連れが海外旅行や国内旅行にお出かけの映像を流していますが、可愛相なセンセは、ときどきおかゆをすすりつつ、ひたすら胃のご機嫌を伺いながら、三日連続でPCに張り付いているわけです×××××。センセの様に気候の変化で症状が出てくる様な病気を「気象病」と言うそうですが、面白いのは、センセの場合普段は低血圧症状が出てくるのですが、時折真逆に高血圧症状で反応する、と言う事です。これとそっくりな状況が30年近く前にも生じまして、やはり5月の頃だったと覚えておりますが、その頃センセは宮崎県に居りました。当時は気象病の知識も意識も全く無かったので、低気圧が通過したかどうかは今となっては分からないのですけれど、ともかく、関節痛、ひどい偏頭痛、強力な胃の収縮と共に、30肩だか40肩だか50肩だか知りませんが、片腕が全く上がらなくなりました。腕が上がらない、などと言うとまるでセンセのゴルフの様ですけど、情けないこと限りナシ、と言う日々が1週間も続いたのを覚えております。と言う事は、今年も同じような経緯をたどるのであるとすると、連休後半もやはりおかゆを啜りながら過ごすのでしょうか???カンベンしてくれ~~~~っっっっ!!!!

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 疲労・休養・栄養・運動-9

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kigen-technosakaki.jp/mt/mt-tb.cgi/44

この記事について

このページは、喜源テクノさかき研究室が2013年4月29日 09:55に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「疲労・休養・栄養・運動-8」です。

次の記事は「疲労・休養・栄養・運動-10」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。