疲労・休養・栄養・運動-1

| | トラックバック(0)

皆様こんちわに!じゃなくてこんにちわ!・・・・・

・・・・・久しぶりの登場ですので、すっかりご挨拶の言葉を忘れてしまいました。すみませぬ・・・。

前回書いたときは、夏休みの真っ最中。連日35℃を超す猛烈な日々でした。本日は11月の24日。連休の中日です。何とか祝日にはブログを更新しようと思っているのですが、夏以来の祝日、全て吹っ飛ばしてしまいました。これは単にサボっていたからではありませぬ。そうではなくって、ここ数ヶ月本当に忙しい日々が続いておりまして、せっかくの祝日も疲れのために部屋でゴロゴロ。ブログの更新はおろか、何もやる気ナシ。「そういうのをサボっていると言うのだ!」と言うご意見もごもっともかと思いますが、体が言うことを聞かないのですから致し方有りませぬ・・・。と言う事で、久々の更新ブログのテーマは、「疲労・休養・栄養・運動」と言う主題でお話してみたいと思います。

今時分の季節、東西南北に長い日本列島ですので各地で相当気温も異なります。既に北海道からは雪の便りが届いている一方で、南国沖縄は相変わらずの暖かさ。ここ長野の坂城では、朝晩は真冬状態、お天気でしたら昼間の気温が12℃ぐらい、と言うところです。未だ雪は降っていませんが、いつ何時降り出しても可笑しくないのが今日この頃、と言う微妙な季節です。

急激に気温が低下して参りますと、センセの場合、まず肩こり~腰の痛みなどが出てきます。同時にオシッコが急に近くなりまして、しょっちゅうトイレに駆け込むのがこの季節の特徴です。体表面の血管が収縮して、血圧が高めになるのですね。そうなりますと面白いことに大きい方も堅めになりまして、回数も少なくなりがちとなります。

センセのお通じは、通常は一日2~3回にもなります。たぶん、平均値よりも多いかと思いますが、毎日三度三度ご飯を食べている訳ですから、一日三回ぐらいお通じがあっても可笑しくないと思います。大豆麹乳酸菌発酵液を毎日飲んでいるせいもあるかも知れません。ところがこの季節になりますと、ナカナカ三度三度という訳には参りませぬ。恐らく、寒くなりますと、夏場には大量に補給されていた水分(センセの場合、その多くがビールと言う形で供給されます)が急激に途絶え、加えてオシッコが近くなるので、これを補うために大腸からの水分の吸収が活発となり、その結果、堅め~回数が少なくなる、と言う形となるのかな?と考えています。

秋から冬にかけての急激な気温の低下、冬から春にかけての気温の上昇時、さらには梅雨時から真夏への移行期など、季節が変わるときに様々な体調の変化が生じるのは、多くの方々が経験されているかと思います。

センセの場合、季節の変わり目や低気圧の襲来時にはしばしば血圧が低下し、体が起き上がれなくなるぐらいだる~~~くなってしまいます。やる気が全くなくなり、ただひたすらぼや~~~っとなり、吐き気がし、心拍数が低下し、頭が働かなくなり心が反応しなくなり目がうつろになり生きているのが嫌になります・・・。

昔はこのような症状がでた場合は「たぶん疲労が蓄積しているのだろう・・・。」と考えて色々な事を試してみたのですが、色々試したあげく、今では季節の変わりめ~低気圧の襲来などによる血圧の変化、特に低血圧によるものだ、と諦観の境地に達しました。従いまして、季節の変わり目や低気圧の襲来が予想される時には、ただひたすら状況が過ぎるのをグータラしながら過ごす、と言う方法をとっています。そして確かに長くても2~3日で過ぎてしまうので、「これは神様が休めと言っているのだ、、、。」と勝手に解釈して、昼間からダラダラとスルメなんぞをかじりながらお酒なんぞをチビリチビリやりながら過ごしてお仕舞い、としております。居間の長火鉢の前でどてらなんぞを着込んでチロリでお燗した剣菱なんぞをちびりちびりやりながらキセルで煙草をポンと払って障子を開けると庭先に雪がちろりちろりと舞い落ちる、なんぞという風景は、実はセンセの憧れでもありまして、、、。

どうしても脱線しますね・・・済みませぬ。

さて、本題は「疲労・休養・栄養・運動」でした。長火鉢の前のお話なんぞを致しますと、如何にもセンセはグータラ者であるかの様なイメージが先行しますが、決してそうではありませぬ!!!そうではなくて、働き者、努力家、がんばりやさん、などと言う言葉がぴったりのお人です。

・・・・・・ナンか、自分で書いていて大変恥ずかしい気がしますけど・・・・・・。

言っときますけど、これを書いている間、一滴もお酒は入っておりませんよ!時々勘違いする方々が居られるようでして、一言、誠に蛇足の極みではありますが、申し上げておきたいと思います。

ええっと、、、どうしても前に進まない様ですね、困ります、、、。とりあえず一旦一区切りと致しまして、続きはちょいと一休みしてから書きますね!

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 疲労・休養・栄養・運動-1

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kigen-technosakaki.jp/mt/mt-tb.cgi/36

この記事について

このページは、喜源テクノさかき研究室が2012年11月24日 14:19に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「お料理のお話:その二」です。

次の記事は「疲労・休養・栄養・運動-2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。