2008年6月アーカイブ

研究室のご紹介 その三

|
大型振蕩培養装置.jpgここでは研究室の機材をごらんに入れましょう。
大きな研究室とは異なり、一台数億円もするような高額な機材は
ありませんが、この規模の研究室としては、なかなか充実していると
自負しています。

まずは培養室。
左は大型振蕩培養装置が二台。
これで液体大豆麹を作ります。





大型高圧滅菌器.jpg右は大型の高圧滅菌器。これで培地
などを滅菌します。

下はクリーンブース。
滅菌した培地に乳酸菌などを接種するところです。

クリーンルーム.jpg











孵卵器.jpg右は孵卵器(インキュベーターとも言います)。
孵卵器は、中型のものだけでも六台あります。
孵卵器というのは、微生物や細胞を培養するために暖める装置のこと。
微生物は種類によってお好みの温度がうるさいので、それぞれにあった温度を設定しなくてはならず、そのため六台ぐらいは必要なのです。

大型孵卵器.jpg左は大型の孵卵器が二台。
さすが培養室ですね。培養器ばっかり!











蛍光顕微鏡-2のコピー.jpg暗室もあります。暗室の中には、蛍光顕微鏡や紫外線照射装置、写真撮影装置などがあります。また、ライカの蛍光顕微鏡もあります。
蛍光顕微鏡は怪しい光でものを観察するので、暗い部屋を用意しないといけないのです。

暗室の中にはその他に、たくさんのカラムが林立しています。カラム.jpgカラムとは、中に詰め物をした棒のことで、混合物中の物質をおおまかに分離する時に使います。





液クロ.jpg右の装置は液体クロマトグラフィーと言います。
培養液の中に、どのような物質がどれぐらいあるのか、
などと言うことを調べる機械です。

一台の液クロに三台の検出器をつないでいるので、
中の流路が東京の地下鉄のように複雑化して
しまいました。
なので、接続を間違えて走らせていると、いつの間にか
とんでもないところから移動相がちょろちょろと、、、、
という経験は日常的。
ガスクロもあります。

研究室のご紹介 その四

|
バイオハザード.jpgここは実験室。
この先は、バイオハザードと言って、アブナイ場所です。
アブナイ場所で、アブナイオトコやアブナイオンナが
毎日実験をしています。
この前は、エーテルが爆発しました。
消化器ですぐに消し止めました。
でも、後片付けが、大変でした。
車はすぐには止まれない。
消化器も、一度押すと止まらない。


水蒸気蒸留装置.jpg水蒸気蒸留装置に濃縮器。振蕩器、振蕩培養装置、ソックスレー抽出機などなど。

凍結乾燥機、減圧乾燥機、各種遠心機が三台にミリQ。写真省略。








クリーンベンチ.jpg無菌ベンチ二台。無菌ベンチは両開き式なので、
これをはさんで実験台が四つ。

右は無菌ベンチでお仕事をする腰原さん。
無菌ベンチに手を入れるときは、手を70%アルコールで
消毒します。
ベンチ内にはガスバーナーがあって、火を付けながら
作業をします。
時にはバーナーの火が、アルコールで消毒した手に
燃え移ることもあります。
その時は、手の甲の毛がちりぢりに焼けて、
とても香ばしい香りがします、、、。

実験台.jpg左は室長の実験台。
バイオでおなじみのお道具がたくさんぶらさがっていますね!
いつでもすぐに手に取れるように、工夫しています。


高圧滅菌器二台、冷蔵庫が四台、冷凍庫が一台、マイナス80℃の冷凍庫が一台、液体窒素容器が一個。写真省略。




安全キャビネット.jpg左は怪しい光を放つ安全キャビネット。
怪しい光の正体は、殺人光線です。

本当は、滅菌のための紫外線です。
ここは、アブナイ菌を扱うときに使用するトコロです。
使用前と使用後に紫外線を照射して、
内部を無菌状態にするのです。

動物室もあります。マウスやラットのお部屋です。写真は省略。




蒸留装置.jpg純水製造装置が各種。
色々の装置を組み合わせて、いくつかの水質を使い分けています。
水にはうるさいオトコ。
昔、実験で、ずいぶん水に悩まされたことがあるから。
お※な、にもうるさいオトコ。
昔、ずいぶん泣かされたことがあるから。







検出機器.jpgここは二階です。検出装置が並びます。
蛍光化学発光検出器、紫外可視光分光光度計、
エライザのリーダーなど。
泳動装置もあるでよ。

ケルダール分解装置もあるけど省略。





図書室.jpg右は図書室。なかなか落ち着いたお部屋です。
下は図書室の別室。
腰原クンがお食事をするところ。
室長が、夜、引きこもるところ。

図書室-2.jpg










この過去記事について

このページには、2008年6月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年5月です。

次のアーカイブは2008年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。