坂城散歩道 の最近の記事

坂城散歩道-23

| | トラックバック(0)
みなさまこんにちは!微妙~に朝晩涼しくなりつつある坂城ですが、いかがお過ごしでしょうか?

日曜日、山登りに行こうかゴルフの練習に行こうかバイクで林道を走ろうか考えていたセンセでしたが、最高気温が37℃になるとの予報。弱気のセンセはこれらを全てキャンセルして、近場で無難な場所に行ってお茶を濁してきました。

場所の名前は「森将軍塚古墳」。
千曲市のあんずの里にある実物大の復元古墳です。

森将軍 入り口.jpg
入り口の石碑。「科野の里歴史公園」が正式名称のようです。「かの」じゃないです「しなの」です。


遠景-1.jpg
入ると、広い駐車場と芝生の広場があります。その先には小山がありますが、その頂きに古墳があります。
てっぺんの、なんとなくそれらしいドーム状の構造物がそうです。


古墳の村 遠景.jpg
広場を横切って小山に近づくと、何やら茅葺(かやぶき)の民家が数件見えますが・・・。


水田.jpg田んぼもあります。
古代米とかも栽培してます。


竪穴式住居-1.jpg
当時の復元住居でした。


高床式住居.jpg
高床式の倉庫もあります。手前のはしごを登って中に入ることができます。


高倉入り口の看板.jpg
上るのは、一度に三人までにしてください。

小錦と臥牙丸と逸ノ城の三人がそろって見学に来る可能性もゼロではない!と思いますが・・・。


高倉内部.jpg
中はこんなカンジ。
須恵器のドラム缶、ではありません。


森将軍 入り口看板.jpg
ここから古墳まで登って行きます。


森将軍 登り口.jpg
登り口はこんなカンジ。きけん!マムシ出没!とのこと。

昔、軽井沢の裏山を歩いていたら、足元にゴロゴロ何匹もとぐろを巻いているのに遭遇したことがある。でもみな向こうから逃げてった。

マムシすら近寄らないセンセです。


近道-1.jpg
始めの木道を登りきると、舗装路に出る。
それをポクポク登って行くと、近道第一弾に遭遇する。
大したことなさそうなので、近道を行きました。


近道-2.jpg
近道はこんなカンジ。


休憩所.jpg
登りきると、休憩所みたいなのがある。


近道-3.jpg
さらに近道第二弾。
これを登りきると、古墳に到達します。


古墳-1.jpg
と、いきなり立派な構造物が!!!


古墳-2.jpg
近くから見ると、こんなカンジ。


古墳-4.jpg
後ろの方は、こういうカンジ。


古墳-7.jpg
反対側。


古墳-5.jpg
古墳の上まで登れます。
前方後円墳ですから、これは前方の方墳側から後方の円墳を見たところ。
玉砂利が敷き詰められています。
実際に昔も今も、近くを流れる千曲川の河原から採取したものだそうです。


古墳-6.jpg
円墳の頂上から方墳を臨みます。
壺(つぼ)型の埴輪が一列に並んでいます。
実際にもこのような形で置かれていたそうです。


埴輪.jpg
こういうカンジ。
これらは新たに作った模造品です。
本物は、敷地内にある「古墳館」に展示されています。


古墳頂上-4.jpg
あ、なるほど!そういう遊び方もあったか!

などと勘違いしてはいけませぬ!


古墳頂上-1.jpg

円墳の頂上から北西方向を見るの図。
画面を横切るのは北陸新幹線です。


古墳頂上-2.jpg
同、北東方面。
画面を横切るのは上信越自動車道です。


古墳頂上-3.jpg
東の倉科(くらしな)方面を臨みます。
このあと下山開始。
下りは舗装路をポコポコと降りてきました。


セミ.jpg
途中でミンミンしていたミンミンゼミ。


古墳館.jpg
せっかくですので古墳館を見学。
料金オトナ一名¥200 。
受付のお姉さんがきれかった。


本物の埴輪.jpg
これがモノホンの埴輪。
ここの古墳の埴輪は全てこのタイプのものばかりで、はに丸くんとか犬とか馬とかシェーっ!してるやつとかはありませぬ・・・。


ジオラマ.jpg
ジオラマなんかがあります。
古墳側面は全面が飾り石で覆われていますが、実際にもそうだったようです。

大人数を動員して千曲川から持ってきて飾り付けたのでしょうが、エジプトのピラミッドといい中国の殷墟といいアンデスの遺跡群といい、農業の開始から古代国家に至るこの頃、皆、絵に描いたように同じ展開を繰り広げるようですね。
何故なのでしょうか?


埴輪棺.jpg
棺(ひつぎ)です。
古墳の周りにいくつも埋まっていたそうな・・・。
殉葬(じゅんそう)の可能性も・・・。


壺と鎧.jpg
大きな須恵器の壺と短甲(たんこう)の模造品。

壺はわざわざ大阪から運んできたものらしい。
短甲とは、当時の鎧(よろい)のことです。

手前にあるのは出土した鉄剣類。


はじき.jpg
庶民が使っていた土師器(はじき)。土師器とは弥生時代から長らく使われた素焼きの土器のことです。

カタカナでハジキと書くと別の意味になりますので、ご注意を!


占骨.jpg
占い用に用いられた動物の骨。
まさに卑弥呼の世界ですね!今後の「今月の書評」シリーズが楽しみです!


森将軍塚古墳 地図.jpg
本日のルート。
お天気の日曜でしたが、ほとんど借り切り状態でした。

田舎って、ホント良いですね!
ではっ!


坂城散歩道-22

| | トラックバック(0)
台風の影響でさすがの猛暑も幾分和らいだ昨日、鏡台山(きょうだいさん)に登ってきました。

天気は曇り。午後からは雨の予想でしたので、お昼までには戻れる計画で出発しました。帰り道に降られるのも嫌なので、今回は登山口までセローくんに代わってジムニーくんに運んでもらいました。

笹平駐車場.jpg
登山口は、前回の五里ヶ峰登山口と同じ笹平(別名 沢山峠)にあります。
五里ヶ峰登山口の反対側となります。
ここには駐車場があり、3 台くらい停まれますが、以下、要注意です!


グリーチング.jpg
グレーチングが無い個所があるので、くれぐれも注意してください!
登山に来てJAF を呼ぶ羽目に陥ります。


鏡台山登山口-3.jpg夏の盛りの里山は、草ぼうぼう・・・。
運が悪いと野イチゴのトゲで傷だらけになったり藪漕ぎする羽目に陥ったりします。けど、登ってみないと分かりませぬ・・・。
今回の服装、上半身は半袖のポロシャツ一枚だったので、ちょいと不安ではありました・・・。
9:40 に登山開始!


登りだし.jpg
登りだしはこんなカンジ。いきなり結構急坂です。


看板 180816-1.jpg
こんな看板がある。根性ナシのセンセは女坂を選んだが、LGBT だか LPガスだかのヒトはどうする?


ロープ場-1.jpg
すぐにロープ場になる。


ロープ場-2.jpg
さらにロープ。
登りもさることながら、むしろ下り時に重宝なのがロープです。


~の群落.jpg
林が開かれた明るい場所に出る。ハンゴンソウの群落。


柏の巨木.jpg
リョウブの若木の木立を抜けると、巨木が出現します。
柏?それともミズナラ?


鏡台山山頂-1.jpg
鏡台山山頂に到着!


鏡台山山頂-2.jpg
標高1269 m!エベレストの1/7 だ!
ここを七回登ればエベレストに一回登ったのと同じだから、自慢できるネ!
七回登る根性ないけど・・・。


鏡台山山頂-4.jpg
千曲方面が臨めるが、木が茂って眺望はよろしくない。おまけに曇りで、北アルプスもチコちゃんに怒られそうなくらいボヤーっとしてる。


鏡台山山頂-5.jpg
ハンゴンソウの花に止まるアゲハチョウ。
アサギマダラも居たけど、被写体になるのを拒んだので写真はナシ!


鏡台山山頂-3.jpg
こんなのもあるけど、本日は無理・・・。


鏡台山山頂-6.jpg
こんな案内があったので、北嶺目指してさらに進んでみました。


北峯-1.jpg
北嶺までの道はこんなカンジ。


白樺.jpg
この辺りでは白樺も出現。結構涼しかった。


北峯-2.jpg
で、北嶺到着!
左の看板にも書いてあるとおり、大正時代の子供たちはここで運動会をやっていたそうな・・・。

なぜここ?学校には運動場はなかったのか?女子の「表情競技」とは???
見てみたい気もするが、見たくない気もする・・・。


北峯-3.jpg
ここが大正時代の運動場跡。


北峯-4.jpg
よく見るヤツ。
センセも保護の対象です
なんかあったらここに逃げ込むことに決めた!


北峯-5.jpg
一旦戻り、今度は南方面の黒柏木(くろかしゃぎ)を目指しました。
本日は雨が降らないうちに下山する予定でしたので、お弁当も持っていません。
だもんで、黒柏木に向けて行けるとこまで行って、適当なところで戻ってくることとしました。


黒柏木-2.jpg
黒柏木までは、こんなカンジの道が延々と続く。


黒柏木-1.jpg
こんなものがあったよ~ん www!坂城小、バンザーイ!!!


黒柏木-5.jpg
両側ともこんなカンジで見通しは悪い。早春~冬場の葉が落ちる頃には見通しも良くなるかも・・・。


黒柏木-3.jpg
オトギリソウ。


黒柏木-4.jpg
ここまで到達。
ここには西に急な下りの分岐があった。
ここから引き返しました。


鏡台山登山口-2.jpg
鏡台山登山口にあるクマの看板ですが、幸か不幸か、本日は遭遇しませんでした。けれども、鏡台山山頂にある芳名帳には、直近の記載(今月初旬!)としてクマの目撃情報が載ってました。
木の上に居たそうです!ホイッスルを吹いたら逃げたそうですが・・・。

ホイッスル、効果ありそうですね!次回は携帯するかな・・・。


ジムニー-2.jpg
お留守番をしていたジムニーくん。下山は午後13:00 丁度。3 時間半の登山でした。黒柏木からの帰り道で雨がパラつきましたが、本格的に降ることはなかった。お腹すいた~!


180816 ルート-2.jpg
研究所から見た本日のルート。


180816 ルート-1.jpg
ようやく坂城町北面を踏破しました!
次回は和平から黒柏木を目指す予定です(黄色)。
ではっ!


坂城散歩道-21

| | トラックバック(0)
みなさまこんにちわ!大型連休も残すところあと一日!
大事に使わなくてはなりませぬ・・・。

本日は五月五日のこどもの日。
東京などの大都会では鯉のぼりを揚げることのできる広い庭のある家はそうは多くありませんが、坂城ではこの時期になりますと広い庭のある旧家では立派な鯉のぼりが五月の風に吹かれてへんぽんと翻ります。

小さな子供が居ようが居まいが、ってカンジです・・・。

で、本日は今年初の山登りをしてまいりました!
先日バイクで走った北山林道のすぐ近く、坂城と千曲の境の峠までバイクで走り、そこから五里ヶ峰まで登りましたので、ご報告いたします。

バイク-1.jpg
今回、バイクにサイドバッグ用の防御具を付けた。
後輪にバッグを巻き込まないための装置だ。
通販で純正品を買ったはずなんだけど、どういうわけかこれも純正のキャリヤーと合わない・・・。
仕方がないので自分でドリルでキャリヤーに穴を開けてボルトで固定しようとしたけど、ドリルの歯が立たない・・・。
仕方がないので、セローくんを人間ドックに入れる際に一緒に付けてもらうことにしました。矢印がそうです。
餅は餅屋ですね!上手に付けてくれました。


バイク-2.jpg
サイドバッグを付けるとこんなカンジ。工具類、空気入れ、登山靴など、なんでも突っ込むことができます。楽チンです。


五里ヶ峯登山口 -2.jpg
坂城散歩道-20」でもご紹介した五里ヶ峰の登山口。
登山開始は午前11:00 丁度でした。



笹藪.jpg
登りだしは笹薮が続きます。でもよく整備されているので、藪漕ぎなんぞはする必要がない。


五里ヶ峯を臨む.jpg
前方に五里ヶ峰を臨みます。
道はちょいと長い登りも数本あるけど、たいしたことない。


坂城町を臨む.jpg
途中の眺望。南側に坂城町を臨みます。


紫ケマンの群落.jpg
ムラサキケマンの群落。


タチツボスミレの群落.jpg
タチツボスミレの群落。


オククルマムグラ.jpg
八葉のオククルマムグラ。
オオクルマムグラじゃなっくってオククルマムグラです。
早口言葉のレパートリーに加えても良いのでは?と思う・・・。


まむし草.jpg
マムシグサ。


謎の広場.jpg
謎の広場。イノシシが相撲をとるところだと思う・・・。



山頂は目の前.jpg
山頂は目の前。


頂上の看板.jpg
坂城散歩道-19」でご紹介した五里ヶ峰山頂の看板です。
ここまでセンセの足で40分くらい。楽勝です。
熟年ご夫婦が居られました。その後には二名の若い男性のトレイルランナー組も来た。


頂上からの眺望-1.jpg
遠方に雪を抱いた北アルプスの峰々がそびえますが、写真じゃちょいと分からないネ!眼下に広がるのは千曲市です。


いつものお弁当.jpg
お昼少し前にお弁当。前回と変わりません・・・。
「同じものなら写す必要ないジャン!」というご意見もごもっともかと・・・。


下りの帰路.jpg帰路は下りとなります。遠方に見えるのは鳩ヶ峰と大道山。一番右は太郎山かな?


すみれ草.jpg
スミレ。


ヘビイチゴの花.jpg
ヘビイチゴの花。


ズミ?.jpg
ズミの花も満開です。


ウワミズザクラ.jpg
ウワミズザクラもよう咲いておった。


ホオノキ-2.jpgホオノキ。何本も生えていた。
白樺の木も何本か生えていた。
白樺は標高1000 m くらいから生え出すみたいだ。


白花のスミレ.jpg
白花のスミレ。
図鑑で色々調べたけれど、どうにも分からない・・・。


イタドリ.jpg
これはイタドリ。川の土手でスカンポなどに交じってよく生えているヤツ。
昔、日本のイタドリが園芸植物として欧州に持ち込まれたそうですが、それが大繁殖して今ではすっかり厄介者となっているそうな・・・。
お互い様、ってカンジですけど・・・。


留守番セロー-2.jpg
お留守番をしていたセローくん。
帰路は和平高原のワインディングを攻めることもなく、トロッコトロッコ降りてきました。

本日の更埴坂城線の峠から五里ヶ峰を目指すルートは、登山というよりもハイキングみたいなものです。簡単で良いのですが、今一つつまらないカンジもします。これまでセンセが歩いて一番面白かったのは、研究所に一番近い水晶林道ですね!水晶林道は入ってすぐに深山幽谷の雰囲気が漂い、カモシカやヤマドリも多く、加えて(遭遇したことはありませんが)クマも居る雰囲気濃厚です。
水晶林道、途中までバイクで行ってその後に登山というパターンで、今後も何度かチャレンジしようかと考えてます。



本日は登りの途中で目の前でガサッ、と音がしたので「ヤヤッ、クマかっ!」と驚いて見上げると、若い外人のトレイルランナーが現れた!
頂上でも二人組のトレイルランナーに会ったし太郎山では現在上田市あげてのトレイルランニング大会が開かれているし、みんなスゴイね!
センセのM大時代の獣医師のお友達でもトライアスロンとかやってる連中が何人か居るけど、センセはとても真似できない。・・・する気もないけど・・・。
ヒトそれぞれ自分に合った運動をするのが一番だと思うけど、多少の羨望は感じますね、正直に言うと・・・。

うん、みんな大したもんだ!

それにしても先日のスタック外人といい本日のトレイル外人といい、坂城の山にはなぜに外人が多い???治外法権なのか???
スマホ圏外であるのは確かだとは思うが・・・。


稜線地図.jpg
研究所から北面を臨みます。本日踏破したルートです。


航空写真-1.jpgこれまで踏破したところ。
南面は昨年踏破。北面は、黄色で示した鏡台山ルートを歩けば完成だ。
その後は東面ルートの鳩ヶ峰~大道山~大峰山を制覇すれば、一応千曲川の東岸の山々は登りきることとなる。その後は西岸を制覇する予定ですが、まだしばらくかかりそうだ。

がんばるぞっ!ではっ!


坂城散歩道-20

| | トラックバック(0)
みなさまこんにちは!良いお天気が続く今年の連休です。
でも、明日~明後日はお天気も荒れがちとのこと・・・。
ですので、「今日を大事に生きよう!」と思ったセンセは、バイクで新規な林道を発掘してまいりました!

朝一番に実験のサンプリングを済ませたセンセは、まずは手始めに菖蒲平林道を攻めた。菖蒲平林道、去年の秋の台風の時には大木が倒れて道を防ぎ、通れませんでしたが、その後撤去され、今回は問題なく通れました。
結構気合を入れて走りましたが、菖蒲平林道は過去に何度も走っておなじみの林道ですので、センセでもストレス無く走ることができます。セローくんも人間ドックから出てきたばかりなので、絶好調です。

で、一旦戻ってネズミのケージを洗って干して、お昼になったのでご飯を食べて、速攻で今度は新規林道目指してセローにまたがった。

今回初めて走る林道は「北山線」と言います。和平高原入り口から千曲に抜ける「更埴坂城線」から、五里ヶ峰~葛尾城跡方面に分岐する林道です。以下、写真でご説明します。

分岐点-1.jpg
直進すると和平高原、左に折れると五里ヶ峰~鏡台山の稜線を抜けて千曲の「あんずの里」に出ます。


林道更埴坂城線入り口.jpg
ほどなく林道「更埴坂城線」となります。
道幅の広い舗装路が続きます。対向車が来ても全く問題なく、走りやすいです。


更埴坂城線.jpg
こういうカンジ。


北山分岐点-2.jpg
しばらく走ると北山林道への分岐点に出ます。真っ直ぐ行くと稜線、左に折れると葛尾城跡方面です。


北山看板-1.jpg
看板があります。


北山線入り口.jpg
北山線の入り口です。
入り口は下りのヘアピンが連続しますので、慎重に進入した方が良いかと・・・。


北山線-1.jpg
こんなカンジ。至って普通の林道です。


北山線-2.jpg
アップダウンもありますが、直線も多いです。


北山線-3.jpg
終点付近。「坂城散歩道-19」でもご紹介した場所です。


北山線-4.jpg
例の看板。車が一台停まってた。



更埴坂城線-2.jpg
一旦戻って、稜線を目指します。
途中の道はこんなカンジ。落石も多いですが、大したことない。道幅も広く、気持ちよく走れます。


坂城と千曲の分岐点.jpg
ここが坂城と千曲の分岐点です。
左に行くと五里ヶ峰、右に行くと鏡台山、真っ直ぐ行くと、千曲市の「あんずの里」に出ます。


五里ヶ峯登山口.jpg
五里ヶ峰の登山口。


鏡台山登山口.jpg
反対側は、鏡台山の登山口です。


クマの看板.jpg
クマに注意!
クマを目撃したら、千曲警察署まで連絡を!
センセを目撃したら、保健所まで連絡を!
じゃなかった、研究所まで連絡を!!!


というわけで、本日は午前~午後ともバイク漬けの一日でした。疲れた~ ×××。



本日、北山線の途中で二名の男性がトコトコ歩いているところに出くわした。
単なるハイカーだと思って軽く会釈してそのまま通り過ぎた。
と、ほどなく、車が林道脇に停まってた。四駆じゃなくって、普通車だった。
さっきの二名の車なのだろう。

初めは単に道の邪魔になるから脇に停めているのだな、と思ってた。
で、終点まで行って引き返すと、その車のすぐ後ろにJAF 車が留まってた。
「ハハア~~~ン、轍(わだち)に腹がつかえてにっちもさっちもいかなくなったんだな!」と、合点した。

で、ほどなく行くと、先ほどの二名がノコノコ登ってきた。
で、センセも止まって「普通車でこの林道は無理だよ!」とかお話した。
見ると、一名は外人さんだった。

ま、海の向こうからはるばる坂城まで来て林道でスタックするのも人生の良い思い出の一つとはなることであろう!


それにしても、オフロードバイクは最高だっっっ!!!


北山線地図.jpg
本日の走りの跡(午後のみ)です。
赤が舗装路、青がダートです。


この過去記事について

このページには、過去に書かれた記事のうち坂城散歩道カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは中山博士の横顔です。

次のカテゴリはバイオジェニックスとはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。