研究室ご紹介: 2017年3月アーカイブ

腰原クンの送別会

| | トラックバック(0)
みなさまこんにちは!春分も過ぎましたが、まだまだ風の冷たい坂城です。
先日、「昭和40年代:時代と音楽-6」でもご紹介したチャック・ベリー氏が死んでしまいました・・・。90歳。今年には数十年ぶりのアルバムを出す予定だったそうですが、達成できず、残念です・・・。
だんだんと60年代のロック歌手も減っていきますが、ここは一つ、本邦が誇るロックンローラー、内田裕也氏に是非ともガンバってもらいたい!と、知る人ぞ知る坂城町が誇る恐怖のロックンローラー、中山センセがエールを贈ります。

さて、春はまた、お別れの季節でもあります。
本日は、先週行われた腰原菜水(なみ)クンの送別会の模様をお伝えしようと思います。
彼女は過日、めでたく結婚され、姓も変わりました。いわゆる「寿退社」です。でも、センセにとっては、いつまでも菜水ちゃんのまま。「腰原クン」のままです。

送別会は、3月17日の金曜日、上田駅別所口の東急ホテル1階の日本料理店「なぶら」で行われました。喜源バイオジェニックス研究所御用達の店です。

送別会-2.jpg
センセからの花束贈呈。チャ~ンチャ~~~カチャ~ンチャン・・・


送別会-3.jpg
13年間、本当にご苦労さまでした!


送別会-4.jpg
前沢さんから記念品の贈呈。前沢さん、なぜにキャピキャピ踊ってる???


送別会-5.jpg
取引先のアズ・サイエンス社、木村クンから記念品の贈呈。木村クン、ありがとう!


送別会-6-1.jpg
同じくアズ・サイエンス社、岩井クンから金一封!新居購入の足しにしてください。岩井クン、ありがとう!アズ・サイエンス社の社長さん、ありがとうございます!


送別会-7-1.jpg
真ん中が腰原クン。左から、新人の長山クン、アズ・サイエンス社の遠山さん、新人の宮沢さん、後ろで左手を挙げてるのが岡田クン、腰原クンの肩に手をかけてる前沢さん、顔の表面積が大きめの木村クン、クールに決めてる岩井クン。

遠山さんは岡田クンと同じ大学出身で、しかも同期だそうです。飲みっぷり、歌いっぷり、ともにナカナカのものでした。仕事っぷりは、知りませぬ・・・。


送別会-8-1.jpg
もう一枚。岡田クン、今度は右手を挙げてる・・・。何を訴えてるのか?
木村クン、前沢さんの後ろに隠れてしまったが、顔が大きいので、はみ出してる。月食みたいですネ!
ソーシャルダンスを習っている岩井クン、さすがにポーズが決まってます。
長山クンと宮沢さん、良い笑顔ですネ!
前沢さん、腰原クンの肩をもみもみ・・・。


腰原クンは、丁度13年前、さかき第一研究所(テクノさかき研究室)に入社されました。以来、前沢さんとともに、研究~製造に日々尽力されました。センセと前沢さんと腰原クンのたった三人の日々が、本当に長らく続きました。いつもそこに居るのがあたりまえの彼女だったので、今でもセンセは研究室に彼女が居ないのが不思議でなりません。ナンか、長期休暇をとっていて、そのうちひょっこりお土産を持って帰ってくるような気がしてなりません・・・。

それでは腰原クン、末永く、お幸せに!


この過去記事について

このページには、2017年3月以降に書かれた記事のうち研究室ご紹介カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは001)研究室ご紹介: 2016年4月です。

次のアーカイブは001)研究室ご紹介: 2017年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。